心と体

2012年5月19日 (土)

健康管理について

皆さん、こんにちは!!東京の受講生のY.Oです。

最近、健康について考えさせられることがいくつかありました。

会社の先輩(40代前半)が高血圧で倒れる、年下の友達(30代前半)が突然の病で亡くなるなど・・・

これから夏本番を迎え暑さの中、試験勉強を進めていくには健康が大事だな~と改めて考えています。

皆さんは自分の健康に気をつけていますか??

私は数年前まで健康と呼べる身体でなくボロボロでした。

毎日飲み歩き、帰るのは午前様という生活を数年繰り返して、気付けば血圧は150を超え

肝臓の数値も最悪になるなど会社の健康診断で再検査通知をもらいました。

このままではヤバイ!と心を入替えお酒は飲んでも週2回、毎日運動、規則正しい食生活を

心掛けるようにしました。そのお陰で半年で体重は15キロ落ち、血圧は正常値になり、最悪

だった肝臓の数値も正常値になりました。

今もその生活を続け、頗る健康体でここ数年風邪もひかず病気らしい病気はありません。

(どーしてもタバコだけは止められない、というか止めようとしていなく肺は不健康かもcoldsweats01

このような経験から私の健康を保つポイントは

①規則正しい食事(朝・昼・晩 3食必ず摂る)

②適度な運動 (ウェイトトレーニング & ジョギング


以上の2点です。

健康管理なんて題をつけておきながら基本的で誰でも解るようなことしか書けないのですが

健康管理の第一歩は普段の生活だと思います。

仕事に追われ食事や運動など意識していない人が多いと思います。

今はそれでも良いかもしれません・・・が、将来、健康を失ったら診断士になったとしても仕事

が出来なくなってしまいます。若いうちから意識しておくことが大切だと思います。

1次試験直前のシーズンに入り、勉強のために多少無理をしなければならない時期になって

きましたが、無理をするためにも健康な身体が必要です。

若いから大丈夫とか!!これまで病気知らずだから大丈夫!!という根拠のない自信を

持たず常に健康に気をつけ受験勉強を乗り切りましょう。

2011年9月 2日 (金)

”実る程、頭を垂れる稲穂かな”

私はメーカー系のしがいない営業をやっている。担当エリアは長野県全域だ。毎日毎日長野道を走り回っている。田舎の下道を走ることも多い。毎日毎日。

だから、季節を感じることが出来る。天気の様子も平野部と山間部(マウンテン区間)はまた違う。ノンビリ走っている。

春は新緑を感じ、花粉にやられ日々暖かくなる喜びを感じている。夏はとても暑い、長野は盆地だからだ。軽井沢は別、松本や、長野市が36度あるときに27度くらいで10度くらい低い。さすがハイソな避暑地。秋は、キノコ。収穫祭だ。冬は寒い、家の作りが意外にしょぼくて暖房を入れてもすぐ冷える。

田んぼの横を走った。早くも収穫の時期。台風に備えてあわてて刈り取っているお百姓さんがいた。稲穂は頭をもたげているのでもう大丈夫だそうだ。

そんな田園風景を見ていて、想った。「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」。常にこの言葉を意識していると本当は良いのかもしれないが、ついつい意識していないと忘れてしまっていると気づく。常に謙虚にありたいものだと、改めて想う風景に出会えてよかった。

今日もサンマだよ!

★今週の担当は「SFA導入のアラ」です★2011

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ