学問・資格

2017年10月16日 (月)

いよいよ二次試験

大阪本気道場 若宮です。
いよいよ二次試験まで一週間です。
大阪ジャンプアップ講座も昨日終了しました。
ベストを尽くしたいと思います。
苦手の事例Ⅰ、事例Ⅱは、一次知識の復習と失敗ノートの復習と
過去問解答の写経、得意の事例Ⅲは失敗ノートの復習、
事例Ⅳは過去問の再復習(10回転目)をして二次試験に臨みます。
青木先生はじめ、大阪本気道場のメンバーの方、
一年間お付き合いありがとうございました。

2016年8月28日 (日)

投資とメンタルコントロールについて

大阪本気道場若宮です。
いよいよ今週末は、一次試験合格発表、TAC模試等イベント盛り沢山ですね。
今日は、中小企業診断士試験以外に息抜きに私が勉強しているFX投資について
ご紹介させて頂きます。
ここでFXとは何か簡単に説明させて頂きますと、ドル円ですと円高になるか
ドル高になるか予想し、予想した方にお金を掛けて当たれば掛けた分のお金が
儲かり負ければその分損するゲームと考えて頂ければよいです。
勉強、スポーツ等の習い事は良い先生に教わることが大事で、FX投資についても
同じで、パナソニックを脱サラした東北大学大学院化学科出身の先生が運営している
FX投資スクールで私は学んでいます。その先生いわく投資も学問、スポーツと同じで
テクニカル、ファンダメンタルズ等のアカデミックな知識も大事ですが、それよりもメンタル
コントロールが重要とのことです。
私が行っているスクールに来ている人は経歴多彩で、我流でコツコツ儲けていた主婦、
OL、別スクールで学び退職金を大幅に減らしてしまったご年配者、10万円を元手に
1000万円を儲けその後、全てを溶かしてしまった中国人女性、昨年300万円以上を儲けて
今年10数連敗中でも、投資の先生のいうことを全く聞かない中華料理店経営中国人、
重要経済指標発表直後のみ結果を見て直ぐに大金投入し大儲けする手法でFX会社から
口座凍結、締め出しを何度もされている不動産会社社長等バラエティーに富んでいます。
ちなみにFX投資では9割の人が負けるといわれていますが、メンタルコントロールが
できれば、高い確率で勝てるというのが投資の先生の持論です。
メンタルコントロールは診断士二次試験の合否にも大きく影響する要素ですね。
私がそもそもこのスクールに入ったのは、PC画面に毎日張り付きメンタルをすり減らす
デイトレーダーになるためではなく、自分が選定したロジックにより、独自プログラムの
自動売買システムを開発するためです。
自動売買システムの利点は、PCが勝手に最適なタイミングで売買をするためメンタル
コントロールの必要性が殆ど無いことです。
しかし、自動売買システム開発に際して、プログラミング自体は元SEのため抵抗なく
出来るのですが、どんな時でも勝てるロジックは無く、相場に応じてロジックを変えていく
必要があり、その部分もプログラムで自動化するのは相当困難です。
某大学の研究ゼミが人口知能を使った自動売買システムを開発しましたがそれでも
儲かっておらず、負けているとのことです。
しかし、1回の取引で必ず勝つ自動売買システムの構築は不可能ですが、確率論的に
常に100回の取引で65回以上勝つシステムを開発するのは可能で夢ではないと信じて
います。
青木先生に「そんな暇があったら二次試験の勉強をしろ!!」とお叱りを受けるかもしれ
ませんが。(笑)
後二ヶ月を切った二次試験合格に向けて、メンタルコントロールに更に磨きをかけて
いきます。(笑)
 
 

2013年3月30日 (土)

12年合格体験記NO9 東京美女子受講生ナグさん二次指導を超えた成功する診断士としての指導

本日のブログは東京美女子合格者ナグさんの合格体験記です。

ナグさんは大手メーカー勤務の美女子受講生。大手受験校に通っていましたが、ほかの女子受講生(※本気道場で修業し、TACの二次模擬試験で一次上位0.2%、二次上位1%の実力にあがり、合格。今、診断士で大活躍中)の紹介で本気道場に来ました。

若くして大手企業課長で、主婦育児もこなす彼女は本気道場1年目でTAC二次模擬試験で上位数パーセントまで上がりましたが惜しくも不合格。

しかし、今年さらに実力を上げ、今年もTAC二次模擬試験で上位数パーセント。

もちろん合格しました。

そんな彼女の合格体験記です。

------------------------------------------

1. ニックネーム
    ナグ

2.自分の属性の紹介
(1)プロフィール

      アラフォー女子。都内在住、幼稚園児を育てるママ。
(2)仕事

      食品メーカー入社以来、10年以上が経過。秘書、広報、IT等の仕事を経て、
      現在は顧客動向調査部門に所属。

3.私の受験物語
 
1次試験は1回で合格できましたが、診断士合格までには4年かかりました。
・2008年12月 診断士受験を決意
育児休業中の空いた時間に「何か勉強をしたい!」と思ったのがきっかけです。会社の診断士
の先輩が社内診断士として活躍しており、横断的な知識を身につけ、「どの部門にいっても活躍できるように!」と自己啓発が目的となり勉強を開始しました。

・1年目(2009年):「1次試験合格」・「2次試験敗退」
大手予備校の通学講座を受講。1次試験は無事に合格。9月に育児休業から職場復帰したこと
もあり、新しい職場に慣れることで精一杯の日々。1回目の2次試験はほぼ記念受験状態。

・2年目(2010年):「2次試験敗退」
2年目は2次試験に専念。大手予備校の2次講座に通学したが、勉強の方向性の誤りや2次
試験への理解不足で、また敗退(涙)
「これまで通りの学校や勉強方法では、完全に間違っている。これでは合格しない」と悩んでい
たところ、友人の勉強仲間に紹介され「本気道場」の門を叩く。

・3年目(2011年):「1次試験合格」・「2次試験敗退」
  今年こそ、1次・2次ストレート合格しよう!と日々奮闘。1次試験は合格したものの、
3度目の2次試験でまたもや敗退(涙涙涙)
会社の勉強仲間や、友人が合格していく中で、「自分だけ」落ちたショックで、ドンゾコまで
突き落とされる・・・。

・4年目(2012年):「2次試験合格!」
2次試験に専念。事例1・2・3は、青木先生の魂の入った、負荷の高い事例問題を積み重ねる
ごとに安定した実力を獲得。事例4は、財務道場のフル活用により財務力も向上し、悲願の
合格!

とても長く辛い4年間でした。。。
3年目の不合格の際、落ち込んでいるときに、青木先生が熱く心のこもったメールをくださり、
励ましてくれました。

「ストレートで合格するよりも、多年度にわたる勉強をして重厚な知識を身につけて合格した方
が、診断士になってから活躍できる」「来年は、圧倒的な力で合格しよう!」と。

一番辛く、凹んでいる時期に、熱いメールを頂いたお陰で、長い長い受験生活を今年無事に合格で終了することができ、青木先生に「恩返し」ができたと思っています。有難うございました!

4.本気道場の素晴らしさ
 私は、本気道場に約2年間通いました。その中で感じた本気道場の素晴らしさは下記の通り
です。

・青木先生の2次試験指導を超えた成功する診断士としての指導
第一に、なんといっても青木先生の、面白く・深く・適切な2次試験指導があげられます。
先生の授業では、2次試験の具体的な攻略方法はもちろんのこと、診断士取得後の「診断士の世界」について、特に成功する診断士の立ち振る舞いについてよく語られます。
資格取得後の姿を想起することで、モチベーションが倍増すること間違いなしです!

・青木先生作成の負荷が高く質の高い2次事例問題
  第二に、青木先生の作成した質の高い事例問題があげられます。過去の2次試験に取り上げられた論点が洩れなく要素として入っており、通年道場をトータルで学習すると  知識も自然と高まります。また、解答文字数も本試験よりも多いため、本気道場の負荷の高い問題に慣れていると、動揺し緊張する本試験でも「余裕」すら感じられます。
  また、採点も全て青木先生がされるので、1人1人の解答の癖や弱点を把握されており、個別フィードバックも具体的でわかりやすいのも大変助かりました。

・成績順による着席方式
 本気道場は少人数であるがゆえ、毎回得点と名前が発表され、成績順で着席をします。
 なんとしてでも最前列をとりたいと、切磋琢磨できる環境が整っています。

・優秀で魅力溢れる本気道場のメンバー
どこの他社模試を受けても上位の成績をとる優秀なメンバーが揃っており、そんなメンバーとの12時間勉強会や直前の図書館合宿は非常に有意義でした。

・通年授業以外に合宿系講座といわれる単発授業で弱点を補強できる
  2次受験生にありがちな疑問である
「80分の具体的な解法フローはどうしたらいいの?」
「どういう答案を書いたら合格できるの?」
「本番でいつもパニックになってしまうけど、どう準備したらいいの?」
「2次試験で使う1次知識はどこまで覚えればいいの?」
に対し、通年講座以外にも補強可能な単発講座も開設しています。私は、「ロジカルシンキング講座」「創造力開発講座」等に参加して試験直前の補強を実施しました。
 
以上、あげるときりがないです(笑)。
  
5.今後の夢
 現在は、診断士の世界や可能性に非常にワクワクする自分がいます。このまま企業内診断士として歩む道もあるとは思いますが、青木先生のように独立して、バリバリと活躍したいと思える自分もいます。新米診断士として経験を重ねながら、自分が貢献できる道を探りたいと思っています。

---------------------------------------------------

中小企業診断士の世界は女性有利の世界です。

ぜひ、がんばってくださいね。

応援しています。

2012年12月26日 (水)

2012年合格体験記NO1 自らのフォームを固めるのにジャストフィット

皆さん今晩は。

あお先生こと青木公司です。

さて、本日は大阪道場生、ケンドーさんの合格体験記です。

ケンドーさんはヒゲが似合うダンディーな経営者。

コンサルタントとしては得難い抜群の風格としぶい声が魅力のオーラのある方ですが、見た目と違ってお酒が飲めない(笑)。
(しかも元ビールメーカー勤務かい!!!(ビールメーカーはどの会社も化け物のようにお酒飲む人ばかりなので大変だったに違いない)。

それでも、懇親会も積極的に付き合う素晴らしい方でした。

そんなケンドーさんの合格体験記です!

-------------------------------------------------------------------

1. 自己紹介

【名前】
ケンドー(大阪道場)

【プロフィール】
ビールメーカー勤務を経て酒類卸売業を営む家業に入社。
その後、本業の事業譲渡を経て不動産賃貸業に転身。
人材派遣業、フランチャイズ飲食業の運営を経て、平成17年6月に代表取締役就任。
経営者としてのスキルの未熟さを痛感する日々を過ごす。
平成19年5月、自らのスキルアップを目的に中小企業診断士試験挑戦を決意。
約5年半の歳月を経て、平成24年2次筆記試験に合格。

2. 学習開始から合格までの道程

平成19年春に診断士試験へのトライを決意。
たまたま読んだ診断士試験のノウハウ本にて科目合格制が導入されたことを知り、その本に推薦されていた受験予備校Oに通学開始。

この年の1次試験は、すべり込みで経済学と中小企業経営政策の2科目のみ受験。

平成20年度より本格的に学習を始めました。
当初診断士試験を甘く見ていたこともあり、そこから1次試験を突破するまで「科目合格制のワナ」に陥り、診断士試験の「死の谷」や「魔の川」「ダーウィンの海」に飲まれそうになりながらも、平成23年にやっとの思いで「もぐら叩き状態」を脱し、1次試験に合格しました。

この間、併走して2次試験の学習も行ってきましたが、本腰を入れて2次対策に取り組んだのは、平成22年に大手予備校Tに通学し始めてからでした。

この年は1次試験を突破できませんでしたが、1次試験終了後に2次受験資格を得た受験生に混じって最後まで本気モードで学習したことが、活きた経験になったと思います。
何故ならそのことにより、2次試験に臨むにあたって自分に足りないもの、必要なことに気付けたからです。

そして、翌平成23年は1次対策を独学中心で進めつつ、2次対策はディスカッション方式を取り入れていた受験予備校NMにお世話になりました。
この年やっとの思いで1次は突破できたものの、2次筆記試験はBBBAで敗退。

平成24年度も引続きNMに通学するつもりでいたところ、例年とカリキュラムが変わることを知り、あらためて学習計画を練り直すこととなりました。
そこで目に止まったのが、あお先生のブログでした。

「何だ、この高い合格率は!」「怪しいトークの数々」(笑)
しかし、ここに行けば何かがありそう。

 そんな胸騒ぎや期待感を抱き、本気道場「解放フロー講座」に参加申込みをしました。

開催当日、会場に足を運ぶとそこに待っていたのは、ブログのイメージよりは丸い(色んな意味で(笑))あお先生と、熱き思いを持った数十名の診断戦士でした。
ここで学んだ解放フローは「自らのフォームをしっかり固めるのにジャストフィット!」と直感できるもので、すぐに通年講座の受講申込みをしました。

 以下に通年道場への通学を経て良かったと思うことを挙げさせていただきます。

・他の受験校の2次のカリキュラムでは、例年3~4月頃まではメソッドや知識ベースの確認、過去問分析等の学習に費やし、アウトプット中心の実戦学習に入るのはその後になってしまうケースが多いのですが、本気道場は最初から実戦形式中心の学習でロケットスタートが切れること。

・財務本気道場の開催により、2次突破の大きな関門となる財務力が磨かれること。

・答練の成績順で毎回座席の並び替えが行われ、モチベーションUPに繋がること。

・受講後は毎回のように強制的、いや自然派生的に行われる飲み会に参加することにより、先生をまじえて、あるいは受講生同士の情報交換やコミュニケーション、絆が深まり、モチベーションがスパイラルアップすること。

・本気道場開講日以外の週末には受講生同士による勉強会が行われ、互いのシナジー学習により学力向上が図れること。

また、何より2次筆記合格に直結したと思うことは、熱きハートと高い志を持った学習仲間と出会えたことです。

最後に2次試験について、自身を振返って思うことを述べさせていただきます。
・2次筆記試験の結果は紙一重。
・体に染み付いたことでないと、本番では出てこない。
・過去問をはじめ良質の問題に反復して取り組むことで、基本フォームを身に付ける。
・失敗を放置せず、PDCAサイクルをしっかり回すことでエラーを改善していく。
・学友のコンピテンシーに学ぶ。
・努力を続けていれば、いつか機運は巡ってくる。

3. 今後について

・実務補修に臨むことができ、先輩方のご指導をいただきながら登録を果たした暁には、西川きよし師匠じゃありませんが「小さなことからコツコツと」をモットーに実務にもトライしていきたいと思います。

・そして活きた事例に学び、自己成長やスキルの維持向上に努めるとともに、培った知識やノウハウを自社の経営活性化にも活用していきたいと思います。

良きご縁を頂戴した皆様方、ほんとうにありがとうございました。感謝!(^^)

今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------------------------------

楽しい文体の中にも、熱い気持ちが伝わってきますね!

経営者としてだけでなくコンサルタント・講師としての才能も併せ持つケンドーさん。

活躍を本当に期待しています!

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ