ニュース

2012年7月10日 (火)

みんなが暮らしやすくなるには・・

 こんばんは。

 大阪の勉強会リーダーMです。
 一次試験勉強も胸突き八兆に差し掛かっているが、今日は、最近、一番気になることを書きたい。
 
 大津市の中2男子が自殺した事である。
 最近、頻繁に新聞やネット等の記事になっている。
 関係者の実名?もネットでは書かれている。
 正直、自殺した子を救えなかったのはやりきれない気持ちだ。親の悔しさは計り知れない。
 いじめが複数人によって、亡くなった子に対してされていたと書かれている。
 新聞、ネット等で、全校生徒によるアンケートではいじめがあり、先生も知っており、対応をきっちりできていない旨のことが書かれている。
 これがもし、本当ならば、とんでもないことである。
 是非とも、滋賀の教育委員会等は真相を究明し、隠蔽することなく明らかにすべきだ。

 もし、いじめがあったという事実があった場合、いじめた側は素直に認め、謝罪すべきであり、いじめられていた子が自殺した場合でも、因果関係に関わらず、謝意を表すべきである。(因果関係がはっきりしなくてもいじめが原因でないとは言えない。また、いじめ自体をしたことは許されることではないから)場合によっては、一生をかけて償うべきである。
 いじめはたいてい複数人でされている。
 面白半分か?どうかわからないが、気の弱い者がいじめられているパターンとなっている。
 物事の良し悪しを含む思慮分別を教えるのは大人、当然、最優先は親がすべきことである。 
 そして、教育の場である学校でもなされるべきである。
 実際のいじめは家以外、学校でされている事が多い。
 その時に、教師が気付き、きっちり教育ができているのか?
 学校で起こることは教師が生徒に適切に教育すべきでそうする責任がある。
 学校は教育の場であり、いわゆる勉強だけでなく、共同生活、考え方等を教育するところであると思う。教師は教育者であるべきである。
 適切に教育できないのなら、教師をすべきでない。
 また、人格形成については親の影響が最も大きい。
 親には親であることを辞めることはできないが、その子供をどう分別のある子にすべきか?の責任は周囲の大人にもあると思う。また、その子のためや周囲に迷惑をかけないようにするためには親を教育する必要はある。
 親を教育するのは学校しかないのか?
 問題があり他の子に迷惑をかけた場合、学校側は正当な判断をし、親にも勇気を持って説明すべきである。
 それでも、理解できず、教師では手に負えない場合、教育委員会を通じ、第3者的な良識者に諭してもらう、(自分の考えが間違っている事に気付かせる)べきである。
 そのような仕組み、子供のみならず親を教育する仕組みを考えるべきである。
 周りに迷惑をかけなければ、別だが、周りに迷惑をかけることは辞めされるべきで
 ある。

 一般社会においても、法律面(警察:ハード面)以外に、運用面として、良識のある考え、行動に導く機関(ソフト面)が必要なのではないか?

 法の裁き以外に該当機関に上記の権限を持たせるようにし(職権乱用しないようにモニタリング方法は考えるとして)、一定の効力を発揮できるようにしたらよいのではないか?

 仕分けすべき不要な団体をなくして、作る価値はあるのではないか?

  世の中には非常識な人もいるが、常識のある人の方が圧倒的に多いと思う。
  常識のある人が非常識者を教育でき、いじめを含む理不尽のない社会になることを願いたい。

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ