スポーツ

2018年9月 7日 (金)

プロ野球の組織事例

東京本気道場のオヤブンと申します。
今年2回目のブログになります。
私がスポーツマーケティング会社にいるということもあり、
今回はプロ野球の組織についてお話させてください。

球団の組織はいわゆる「機能別組織」になります。
大きく分けると3つの組織に分かれます。
ベースボールオペレーション、ビジネスオペレーション、そしてスタジアムオペレーションです。
これはメジャーリーグでも同じです。

ベースボールオペレーションはいわゆる「チーム」の部分で、
選手、監督、コーチ、トレーナーなど実際のプレーに関連する組織です。
ビジネスオペレーションはチケット、スポンサー、グッズ、ファンクラブなど
さらに細かい機能に分かれており、球団のビジネスを担います。
スタジアムオペレーションは球場の施設運営になります。
これらが三位一体となり、連携を取りながら球団運営をするわけです。

しかし、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本の場合、この中の「スタジアムオペレーション」が別会社になっているケースがあります。
例えば東京ドームや札幌ドーム、ナゴヤドームなどです。(ドームが多いです。)
そうなるとそれぞれの組織に横串がささりにくく、連携が取りにくくなってしまいます。
球団経営がうまくいかない理由にスタジアム問題があるのです。

イベントやプロモーション、グッズ販売には特に球団と球場の連携、情報共有が必要ですが、
球場が別会社のためファンサービスやグッズ売上などにその影響が出てしまいます。
財務的にも悪影響があります。DeNAに買収される前の横浜ベイスターズがいい例です。
ベイスターズは横浜スタジアムに高い使用料を払い続けてずっと赤字なのに、
横浜スタジアムはずっと黒字だったというケースもありました。
メジャーリーグが成功している理由の一つは、
球団が球場を保有し、3つの組織の連携取れているからです。

ここ最近、ソフトバンクや横浜DeNAが球場を買収したのはそのためです。
楽天や千葉ロッテなどは自治体が持つ球場施設の運営権の委託を受ける
指定管理者制度を利用して、自前の球場ではないですが自らで球場運営を行っています。
日本ハムは札幌ドームをでて自前の球場建設が既定路線です。
プロ野球はこの組織の問題に気付き、変わり始めています。

スポーツビジネスにおいても例にもれず、
組織同士の連携、情報共有が大変重要であることが分かります。

スポーツの話になると熱くなってつい長文になってしまいますので、この辺で失礼します。

2017年2月16日 (木)

中小企業診断士受験生的スポーツリーグ組織の考察

東京本気道場のオヤブンと申します。
スポーツマーケティング会社で代表を務めております。
家族は妻と2歳になる娘がおります。

今年は診断士2次試験二度目の挑戦になります。
圧倒的合格目指し、本気道場に再入門致しました。
どうぞよろしくお願い致します。

仕事がスポーツ関連ということで、ブログもスポーツネタでまいります。

2月に入りプロ野球もキャンプが始まり、いよいよ球春到来!といった感じです。
しかも今年はWBCが開催されるため、世間の野球熱はますます高まっています。
そんな中、侍ジャパンのエース大谷選手がケガで欠場というニュースで
球界に激震が走りました。日本野球機構(NPB)の事業会社である
NPBエンタープライズと弊社は取引があり、そのニュースが流れた直後に
たまたま担当者と連絡を取る機会があったのですが、NPB全体に動揺が
走っているのが伝わりました。

そのNPBエンタープライズとはNPBとプロ野球12球団が出資する事業会社で、
侍ジャパンに関連するグッズ販売や放映権管理を行っています。
NPBは日本プロ野球(せ・リーグ、パリーグ)を統括をしている一般社団法人です。
しかし、NPBはあまり強いリーダーシップを発揮できていないと言われています。
実際のところは統括するNPBよりも各球団やオーナー会議のほうが
発言力が強いようです。といいますのも、元々プロ野球は巨人軍はじめ、
球団が先に結成され、後からリーグや機構が組織された経緯があります。
しかも実際の収益は球団に入るので、球団のほうが財力があります。
お金持ってるほうが発言力が強いのは当然です。

そういった状況であるため、各球団は独自の方向性に進み、
プロ野球界のことでなく、自分たちの球団だけのこと考えてビジネスをしています。
(球団のこともありますが、親会社、オーナー会社のことも考えてます。)
悪く言いますと、統一感がないですし、まとまりがありません。
良く言いますと、各球団の自由度が高く、独自性があります。

逆にアメリカのメジャーリーグはリーグが大きな権限を持っています。
リーダーシップを発揮して、リーグ全体の成長のために広い視野でビジネスしています。
そしてここ20年で大きく成長しています。
プロ野球も最近やっと成長軌道に乗ってきましたが、まだまだペースはゆっくりです。

会社組織でもトップに権限が集中する機能性組織か、
下に権限移譲される事業部制組織か、議論されます。
もちろん会社の規模や事業内容によってそれぞれ適切な組織形態があります。
プロスポーツ組織にはどういった組織形態が良いのか、まだまだ議論が必要です。
いずれにしても状況にあった組織に変革していくことが求められると思います。
そう意味では日本のプロスポーツ組織は旧態依然とした部分があり、
変革が必要な時を迎えているといえます。

Jリーグはかなりリーグの権限が強い官僚型の組織です。
あ、まだまだ続けたいのですが、この話はまた次回にしたいと思います。
勉強しないと。。。

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ