« 5月1日TAC模試での失敗 | トップページ | FTA分析を通した時間の悩み解決~仕事、勉強、育児の両立化~ »

2021年5月31日 (月)

相手を知る、ということ

こんにちは!

ブログに登場するのは2回目Kタロウです!

前回は中小企業診断士を取ろう!と動き始めた背景について触れましたが、今回は「相手を知る」ということについてお話をしたいと思います。

中小企業診断士試験における「相手」とは、試験の全体像・科目毎の全体像 です。

私は、2次試験向け対策である本気道場に入っていますが、今年はじめて中小企業診断士試験を受けるため、1次試験から突破することが必要です。

2月に勉強をはじめてからテキストと問題集を使い、机に向かってはいたものの、ブログで目標に掲げた週30-35時間の勉強時間確保に程遠く、「勉強しなきゃいけないのにできていない自分」に嫌気がさす日々でした・・・はぁ。。。

勉強時間や知識の定着レベルからすると、まだまだ試験を受けるに値しない状態ですが、5月上旬にはTACの2次試験模試を、この週末は1次試験模試を受けました。

これが結構、私にとってとてもよい刺激になりました。特に先にクリアしなければいけない1次試験模試については、どんな出題のされ方をするのか?、どんな言い回しで選択肢が作問されるのか?、勉強を続ける上でのヒントを貰えたような感触がありました。


「彼を知り、己を知れば、百戦殆うからず」


孫氏の兵法の言葉ですが、敵(相手)の実情と味方(自分)の実情を知らなければ、必ず負けてしまう、という意味です。

模試を通じて、相手(中小企業診断士試験)を知り、自分の実情(知識レベル・勉強を進める上で押さえられていないポイント・漠然と勉強をやらなければいけないと思い、やることの山に埋もれていた現状)を知ることができ、相手との距離を認識することができました。

幸いにも?今年は1次試験も8月開催と、例年に比べて遅い時期に開催となるため、今回認識した相手との距離を埋めるべく、また気を引き締めていきたいと思います。

« 5月1日TAC模試での失敗 | トップページ | FTA分析を通した時間の悩み解決~仕事、勉強、育児の両立化~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月1日TAC模試での失敗 | トップページ | FTA分析を通した時間の悩み解決~仕事、勉強、育児の両立化~ »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ