« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月25日 (日)

やがて霧は晴れる!

皆さま、勉強お疲れ様です。今年度より本気道場に入門させていただいたヤマです。

初投稿ということで私も自己紹介させていただきます。

 

インターネットバブルが弾けて逆風吹きすさぶ中、何を思ったか(何も考えてなかった)新卒でとあるITベンチャーに入社。IPOを夢見てがむしゃらに働くも、想い虚しく、会社の業績は悪化の一途を辿り、社内の空気もどんどん悪くなる中、このままではまずいと一念発起し食いっぱぐれない資格を手に入れようと司法書士の受験を決意。それから数年、紆余曲折を経て無事合格を勝ち取るも、その直後リーマンショックのあおりをくらい大手事務所の内定が消滅。やけくそで数ヶ月間アジアを放浪をした後、たまたま出会った現在の所属先(外資系の法律や会計の総合事務所)の元オーナーと意気投合し、未経験ながら採用され早10年超、今に至ります。現在は、日本に進出している外資系企業を中心に会社法に関連する法務サービスを提供したり、商業登記業務等を行っています。

 

中小企業診断士の資格取得を目指したきっかけですが、(これを言うと同業者には怒られちゃいますが)一つの資格での職域に限界を感じてきたという点が大きいです。司法書士は国家資格であり、司法書士しか出来ないとされる独占業務が法律で定められています。ただ逆にいえば、その業務範囲を超えて司法書士として仕事をすることは出来ません。自分の業務範囲以外の事、例えば資金繰りの事を聞かれれば「銀行さんにご相談ください」「税理士さんにご相談ください」、人事労務の事を聞かれれば「社労士さんにご相談ください」「弁護士さんにご相談ください」と答えざるを得ないことに違和感を感じていました。そしてそれ以上に、自分が何も答えられない(期待に応えられない)ことへのもどかしさが募っていきました。その結果、専門分野だけでなく、経営理論や財務的視点など経営的な観点を横断的に身に付ける必要性を感じ、今に至っています。

 

将来的には、司法書士としての専門性だけでなく、エンドの方へのさらなる価値提供を生み出し続けることで差別化し、さらには経営者と他の専門資格者を繋ぐ「ハブ」的存在になりたいと思っています。が、現実はなかなか厳しく、80分間全力で問題にぶつかっては毎回知識の無さはもちろんのこと、与件文に寄り添った論理の展開力の無さに打ちひしがれ、絶望を味わう日々を送っています。ただ、青木先生や絶対合格に向けて勉強に励む皆さまとの出会いは、まさに五里霧中な道行きの中に差し込んだ一筋の光のようです。今はどんなに先が見えなくとも、その光を辿って信じて突き進む段階だと信じ、必死に食らいついていきたいと思います。霧は必ず晴れる。皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

2021年4月13日 (火)

自己紹介と診断士取得後の目標について

皆さんこんにちは。今年から本気道場生になりましたM井です。
本気道場は少人数で様々なバックグラウンドの方と切磋琢磨することができ、いつも大変勉強になっております。
今回初めてのブログということで、人となりを知っていただくためにも、自己紹介を兼ねて診断士取得をめざした理由や将来の目標についてお話したいと思います!
 
■自己紹介
国際物流の会社で新卒から入社し10年目を迎えます。現在は労働組合の専従を務めています。
専従になる前は、情報システム部で倉庫管理システムの業務を6年、品質管理部門で品質マネジメントシステムの導入支援などの業務を1年半行っていました。
診断士の勉強は昨年から始め、1次は合格も2次は残念ながら不合格でした。
 
■診断士取得を目指した理由
青木先生との出会いは、組合の企画で参加した青木先生の組合役員向け講義でした。
今まで受けたどんな講義よりも、熱量、知識量がすさまじく、青木先生の放つワードが痛いくらいに響く内容で感銘を受けたことをよく覚えています。
その後、20年間専従のいなかった自労組の強化を目的に、個別にコンサル契約を依頼し一緒にお仕事させていただくことになりました。
その頃から先生に診断士の取得を勧められ、無理だと思って流していたのですが(反省)、あるお酒の席で、その場の勢いと「向いていると思う」とエールを頂いたことで、その場でTACの1次試験スピードテキストを購入しました 笑
 
いま振り返ってみると、会社の研修で財務について学んだり、グロービズ等の通信教育を受けて経営に関心は高まっていたタイミングだったので、こうした出会いやチャンスを生かすには、自分自身のアンテナを高めておくことが大事なのだと改めて感じています。
 
■資格取得後の夢、目標
本気道場の最初に10年後の夢を書く、というワークがあり上記のように受動的に勉強を始めた私は大いに悩みました…。
少し漠然としていますが、以下のような目標を立てました。
「将来は自分が面白いと思える地域で、地域の有力者などと連携しながら、企業のコンサルティングを通して地域の活性化に寄与すること。」
大学生の頃は社会貢献や地域活性化に興味があり、就活で今の会社に入るか、お世話になっていたNPOに入るか本気で悩むほどでした。
その頃は、視野が狭かったのでビジネスで地方を元気にするという発想が無かったのですが、診断士という仕事を通じて中小企業を支援することは地域の発展を支援することにも繋がるということに気づきました。
昨今テレワークの進展等により二拠点生活等の注目が高まっていることもあり、将来は移住等も視野に入れながら、1つの会社や場所に縛られず仕事を見つけられる人材でありたいなと思っています。
 
皆さんと一緒に祝杯を交わせる日を信じて、今年は合格できるようしっかりと勉強時間を確保して頑張っていきたいと思います!

2021年4月 4日 (日)

自己紹介です

Senです。

 本気道場で、青木先生に教えていただき、皆さんと一緒に勉強で きる機会を得られましたことに心から感謝しています。

 あっという間に4月になりました。

 中小企業診断士試験は、以前から仕事(弁護士業)に役に立つと思い、勉強したいと思っていましたが、今頃になりました。
 40代に「ゴルフとジョギング以外にも趣味があった方が後々良いだろ う。」と思い、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル、合気道初段になりました。例えばワインは同じように飲んでもより楽しく、ワイン仲間も得ましたので、とても良かったです。しかし、その頃に中小企業診断士試験の勉強をしておけばと少し思います。

 昨年二次試験不合格となり、「二次試験受験の資格があるしもう一年受けようか。」と思案していたとき、インターネット検索しているうち本気道場のウェブサイトにたどりつきました。合格率の高さに驚きウェ ブ講座を受講しましたところ、素晴らしい解法メソッドを教えていただき、またコンサルタントとしても学ぶところが多々あると思い、続くかどうか心配でしたが参加致しました。

 まだまだですが、仕事に役に立つことは既にいろいろとあります。
 例えば、株主総会準備の事業報告書や想定問答をSWOT分析に基づく成長戦略の観点から検討できたり、公認会計士先生が作成した株価評価鑑定書検討の際に、有効な質問や意見を言えたりします。 また「支払義務があるのは認めるが、支払能力がない。」と主張する相手方会社のBSやPLを見て「当方に支払うに足るキャッシュフローはあるのではないでしょうか。」と言えると、単に支払を強く求めるより説得力があります。
 実力を高め、より良く役立てるようになりたいですし、中小企業診断士固有の業務もしたいです。

 勉強時間不足な日々ですが、とにかく勉強し合格したいと思っていますので、どうか宜しくお願い致します。

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ