« 2020年4月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月27日 (土)

本気道場での学びを活かす事

本気道場生のKと申します。


今回は本気道場で学び実務に活用できた事を振り返りたいと思います。


本気道場では事例問題を解く際は勿論、

実務において必要な様々な事を指導頂けますが

その中に事例問題を解く時に想定する解答を切り口で整理する事を指導頂きます。


例えば事例Ⅰの設問で人事制度に関する問題であれば

採用、配置、評価、報酬など切り口で整理し

漏れなくダブりなく対応することの重要性を実例を交えて指導頂きます。



そのため、以前は自分がSEとしてシステム設計などを行う際は

なんとなく過去のシステム開発案件の方法を踏襲するなど

過去の経験や思いつきで対応する事が多かったと思います。


この頃は業界標準やメソッドに照らし合わせて

この設計は信用性、可用性、保守性など各項目を満たしているか整理するようになり、

実務においても漏れやダブりが無いか意識をする事が多くなりました。


今まではIT業界関連の資格取得のため、勉強で試験範囲の内容をインプットして

試験中に解答に書く事に留まり試験終了後は

せっかく身につけた知識を活用せず忘れてしまう一方でしたが

最近では単に一時的に覚えるだけでなく

実務において体系的に問題解決をする事に知識を

有効活用できるようになりました。


結果、実務においての意思決定や問題、課題解決の際に

考慮漏れが少なくなり安定的に業務で成果を出せるようになりました。



また、事例問題の設問を解答する際の解答の書き方について指導頂いた事で

実務での発言内容も以前は気になったことや伝えたい事を

ただ何となく伝えていましたが

最近は自分の発言内容は具体的であり、実効性が伴い、実現性があるのか自問自答してから発言するようになりました。


加えて発言する言葉は複数解釈による誤解が発生せず

顧客と自社の間で使用頻度が高く、共通言語と断定できそうな言葉を意識して活用するようになりました。


そのため、実務において自社メンバーや顧客との

コミュニケーションで認識齟齬がかなり少なくなりました。



現状は中小企業診断士の合格に向け勉強中で

資格の取得まで至っておりませんが

本気道場での勉強の過程で得た知識やノウハウが

資格取得前に実務の様々な場面で活かせ勉強の意義を実感でき

今後の勉強の動機づけにもなります。



今後も勉強した事を実務に積極的に活用し

勉強の動機づけをする正のサイクルを回す事を意識する。


結果的に中小企業診断士の合格に一歩ずつ近づき

診断士合格や合格後の実務実習など新たな学ぶ機会を得ることにも繋がると思っています。



最後までお読み頂きありがとうございました。

2021年2月21日 (日)

診断士の勉強と仕事の関わり

こんばんは。
道場生のKUROです。

名刺に中小企業診断士と記載の取引先の方にお会いしたことがあります。同僚は、診断士(この方の場合企業内診断士)を知らずに、どんなお仕事ですか?と質問をしていましたが、私の方は凄いという思いや企業内診断士の方でも名刺に記載をするだなどいろんな思いが駆け巡りました。


青木先生は勉強以外でも普段から診断士の視点で物事を見たり考えたりするよう指導をされます。今回は、仕事のことを少し診断士視点で書いてみたいと思います。


商社で販売の仕事をしていますが、販売計画作成の際にSWOT分析やGAP分析からの対策を診断士の勉強をしてからは具体的に考えられようになりました。また、ロジカルや多面的思考を意識することで仕事の幅が広がった感じがします。


財務分析も以前よりポイントをおさえられ、経営層の方との面談で伺うその取引先の方向性との両面から与信管理や今後の進め方の判断が今まで以上にできるようになりました。


取引先へ提案活動する際に現場の工場を見学させていただく時もありますが、事例Ⅲ的な観点とまでは行かなくも課題に対する提案を意識できるようになった点でも効果は大きいです。


契約締結でも、以前は契約書の文章を読むのが嫌で嫌でしょうがなかったのですが、今は苦痛も無く読めるようになったのは、経営法務で契約に親しみが持てるようになったからだろうと、少し強引ですが思っています。


診断士の勉強をなかなか生かせないのが組織です。私の部には50名近くの個性豊かな老若男女の所員がいます。組織理論でがっちりマンデーと行きたいのですが、現実はほど遠く悪戦苦闘の毎日です。(事例Ⅰが苦手なのもこんな所からですね)

こんな風に診断士視点で今の仕事を見ても多くの関わりがあり、今年こそ診断士になりたいと思います。

 

最期まで読んでいただきありがとうございました。

2021年2月14日 (日)

2021年合格、中小企業診断士スーパー本気道場スタート

つぼと申します。

今年も本気道場がスタートしました。

今年のメンバーは現在11名。全員で合格を目指します。

 

このコロナ禍の中、十分に気をつけて講義を受けています。

この道場の魅力はなんといっても先生との距離間。

一人一人に丁寧に目をかけていただけるところが大手とは違うところです。的確なアドバイスをいただきながら、自分を補正し合格を勝ち取りたいと思っています。

 

私自身は、4度目の2次試験に臨みます。

時間がかかって情けない話でありますが、気持ちも新たにがんばります。

 

2次試験の突破の鍵は、ざっと以下だと思います。

①一次知識

②解答プロセス

③読解力と思考力、記述力

 

話はそれますが、私はバイクに乗ります。

その運転の際、必要になるのが①交通ルール、②バイクの操作、③状況把握です。

これらを総合的に使って、目的地に向かいます。

ツーリングなどに行く場合、①交通ルールや②バイクの操作に、ほとんど気を使いません。

交通ルールは常に意識の表面にあり、操作は体で覚えているので無意識に反応し、判断し、操作します。

なので、③の状況把握にだけ全集中です。

 

2次の試験も同じで、一次知識や解法プロセスは無意識に使いこなし、与件文の状況、設問分の要求、タイムマネジメントにだけ全集中できれば、高得点で合格できるのではないかなと思っています。

 

今は、まだ一次知識の穴やプロセスが身に付いていないところがあり、危うい運転をしています。

若葉マークはとっくに取れているのにね。

 

さあ、残り約9ヶ月。

さっさと一次知識と本気道場の最高のプロセスを自分のものにし、迷わず事故らず、華麗な運転テクニックで事例というワインディングロードを乗り切り、合格というゴールを目指したいと思います。

もちろん、ゴールには最高の温泉と酒が待っているはずですので。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

« 2020年4月 | トップページ | 2021年3月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ