« 2020年3月 | トップページ | 2021年2月 »

2020年4月

2020年4月13日 (月)

「もう言い訳はしない」

今年から本気道場に入りました南足柄在住のR.Tです。東京下北沢の近くで生まれ、就職を機に現在の場所に移り、約40年になります。 某フィルムメーカーを早期退職し、個人事業主として2カ所(東京の特許事務所、某フィルムメーカー関連の中小企業)と契約し、主に知財   関係及び各種契約書の作成等の業務を行っています。仕事の傍ら、小田原マジッククラブ(毎年4月発表会開催)にも所属し、地元老人ホーム、敬老会等のボランティア活動、母校の高校バレー部OBOG会の副会長(毎年6月下旬OBOG総会開催)なども行っています。

明細書、契約書作成や中間処理のコメント作成だけでは自分の仕事の範囲が狭く感じ、中小企業の経営に関わる仕事ができるようになれば、   さらに仕事の幅が広がるのではないかと考え、中小企業診断士の勉強を5年前から始めました。これまで特にゼミにも通わず勉強時間は月10~20時間程度でいたずらに過ぎてしまいました。昨年の1次試験の結果、一次科目が 残り3科目(企業経営、財務会計、運営管理)となり、今年1年勝負をかけようと思い、本気道場に入る決意をしました。

講義を受け始めて2ヶ月余りになりますが、2次試験の事例問題はかなり難解で自分の知識不足もあり、1つの事例演習後、自分なりの失敗    ノートは作リますが、失敗が多すぎて、書ききれないほどです。明るい兆しも見えないまま、周りの道場生との実力差を実感しつつ、日々、   悪戦苦闘しています。

外に目を向けると、コロナウィルスが流行し始め、緊急事態宣言が東京都、神奈川県等に出されて外出自粛となり、厳しい状況が続いています。しかしながら、このコロナウィルスの流行が私の診断士試験の勉強において追い風となっているところもあります。それはコロナのおかげ(?)で毎年4月に開催していたマジックの発表会が8月以降に延期になり、老人ホームでのボランティア活動もできない状況となっている    ことです。また、毎年6月に開催していた母校バレー部のOBOG総会も中止になり、今まで私を取り巻く外部環境がこれまでになく勉強に    集中できる状況となってきています。

本気道場の最初の講義で私が「もう60歳半ばだから・・・」と言った後に青木先生から「合格者の中には70歳台の人もいる」という          データを見せられてしまいました。これからは自らできない理由を探したり、不合格になった時の言い訳を考えたりしていた自分に別れを  告げたいと思います。1次試験まで90日を切りましたが、2月以降、勉強時間も月100時間前後となっているので、もう言い訳はせず、 本気道場生と一緒に全力で1次、2次試験を一気に駆け抜けていきたいと思います。

2020年4月 6日 (月)

緊急事態宣言前夜

皆様初めまして。
今年から本気道場に飛び込んだH.Tです。
昨年見事合格を勝ち取った同郷の友人にこの道場を教えてもらいました。

あお先生の講義は毎回変化に富んでおり、スーパーエリートやスーパービジネスマン等
まるでビジネスの演劇かの様に様々な人が登場します。
登場人物は基本みんな嫌なやつです(笑)だからこそ記憶にバチッと貼り付くのでしょう。

2020年4月現在、新型コロナウイルスで地球は大変な事態になっていますね。
とにかく展開が早い上に見通しも立たず不安が募るばかりです。
もはや比較されなくなって来ましたが2008年リーマンショックでも街のローカルなサービス業を
ここまで直撃する程では無かったと記憶しています。
今回のコロナショックは人の動きを固定し地域経済の雇用を支えている中小企業を苦しめています。

申し遅れましたが私はかれこれ30年程テレビ業界の端っこでお世話になってきました。
ご存知のようにこの業界も感染症の影響は非常に大きく、ロケや収録中止も増えています。
以前は診断士試験でのBCPという言葉を暗記用語の一つとしてしか捉えていませんでした(駄目ですね)
平時は先送りになってしまいがちなその考えを具体的に自分たちの組織・環境に当てはめ、
実際の業務に落とし込み備える重要性を痛感しています。

明日は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に緊急事態宣言。
詳細不明ですがGDPの20%に相当する108兆円の莫大な緊急経済政策ですね。
様々な問題が浮き彫りになって来ていますので、この際悪いのは全部コロナウイルスのせいにしてでも
企業の抜本的な改革を進め将来に向けて準備したいものです。
コロナショックは事業の本質を今一度見極め、悪習慣や悪い組織文化を断ち切るチャンスだと思います。

2020年4月 4日 (土)

旅行会社の今後の成長戦略

今期よりお世話になっております。K.Aと申します。

 

仕事は社会人スタートから10年間旅行会社で法人営業を担当しておりました。

社会人11年目の現在は観光関連のコンサル(見習い)をしております。

 

様々な業界が新型コロナウイルスの被害を受けている中で、

旅行業は被害を最も大きく受けているであろう業種の一つでしょう。

 

【旅行業の営業利益率】

そんな旅行会社ですが、実は新型コロナウイルスなど発生する前から常に薄利で高リスクの状態です。

少し古い資料ですが以下URL内資料「旅行業界の現状と課題」の11ページをご覧ください。

https://www.jata-net.or.jp/data/materials/pdf/ykwrtrkm.pdf

 

そこには営業利益率0.53%という驚くほど低い利益率である事実が記されています。

 

旅行業が低利益であることは最近始まった話ではありません。

しかしながら、オンライントラベルエージェント(OTA)が旅行業界に進出したことによって価格競争の激化は速度を上げたと言えるでしょう。

 

【外部環境の変化による影響】

さらに旅行という商品の特性上、景気減速や気候変動の影響をもろに受けます。

今回のように感染症が流行してしまえばあっという間に売上がゼロに近づいてしまうことも頻繁に起こってしまうのです。

 

【大手企業でも高リスクは高リスク】

大手の旅行会社といえばJTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行など思いつく会社もいくつかあると思います。

当然全国に名を知らしめる企業ですからそれなりの売り上げ規模もありそれなりの社員を抱えています。

 

しかし、これらの企業のほとんどが旅行業に利益構成を依存している状況です。

今回のようなケースが長期化すればいずれかの会社がノックアウトしてしまうのではないかと考えられます。

 

※ちなみに、そんな中でHISは大手旅行会社の中でも旅行業以外の事業ポートフォリオを組み立てている会社と言えます。

 ハウステンボスや九州産交バス、変なホテルなどの観光に関連した資産を自社で保有しかなりの利益を生み出しています。

 最近ではユニゾの敵対的TOBを実施してちょっとした話題にもなっておりましたが・・・

 

【今後の成長戦略を描くために】

だいぶ前置きが長くなりましたが、こんな旅行会社の現状を変えなければいけない、という勝手な使命感から私は中小企業診断士を志すようになりました。

経営のことをもっと勉強して、リスクを抱える旅行会社の新しい成長戦略を描けるようになりたい。

そんな想いを抱え、毎日勉強を重ねております。

 

以上、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2020年4月 2日 (木)

事業戦略に資する知的財産戦略を立案し世の中を知財を使ってちょっとだけよくしたい!

今年から本気道場にお世話になります、Y-Adaです。よろしくお願いいたします。

初めてですので自己紹介と中小企業診断士試験の動機を記載させていただきます。

現在の仕事は、通信系IT企業で、事業戦略を立案する仕事をしています。
現在の仕事は1年半前からなのですが、その前は知的財産(出願や権利活用)の仕事を9年ほどしてきました。

私のビジョンは

「事業戦略に資する知的財産戦略を立案し世の中を知財を使ってちょっとだけよくすること」
です。

ご存じの通り、日本企業は知財(特許、意匠、商標など)をいっぱい持っていますが、
事業に知財を十分に活用できず、グローバル競争下において非常に厳しい状況に立たされています。

知的財産の仕事をしていた時には、研究部門、事業部門に対して知財戦略の有用性について話をさせていただきましたが、知財を活用した研究戦略、事業戦略に取り入れてもらうことができませんでした。

歯がゆい思いをしてきましたが、事業戦略部門に自分が入って知財戦略をうまく取り組んだ事業戦略を立てるしかないと考え、1年半前に今の職場に異動してきました。

いざ事業戦略部門に入っても、知財がどのように事業に貢献するのかについてなかなか理解が進んでいない状況ですが、新規事業立案を切り口に、少しずつ知財シンパを増やしている状況です。

■中小企業診断士をとろうと思ったきっかけ
日本弁理士会の研修で青木先生の講演を聴講した際に、中小企業診断士の方々が様々な企業に対して知財も含めたコンサルを行っているとのお話を伺い、中小企業診断士の方々のネットワークと弁理士のネットワークをうまく組み合わせることができれば、私のビジョンを実現できるのではないかと考えた次第です。
自分自身が診断士の資格を取り診断士の方々の知識、ノウハウ等を修得すれば、中小企業診断士と弁理士をつなぐアグリゲーターになれるのではないかと考え、受験を決めた次第です。

いざ試験勉強を始めてみると、難易度が高く当惑しておりますが、何とか道場の皆さんと勉強に励み合格を勝ち取りたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

Y-Ada

« 2020年3月 | トップページ | 2021年2月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ