« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月22日 (日)

コロナウイルスの影響

こんにちは。本気道場2年目Hankです。

コロナの影響で3月頭から出社禁止でリモートワークになってしまったので、

会社に行かなくなり3週間が経ちました。

(本気道場も自粛しています…)


IT技術が進んで、Web会議等が不自由なく出来るということう
実感しています。

普段Face to faceのミーティングがほとんどだった経営層に
リモートワークのメリットを体感してもらうことで、自分の会社で
これがスタンダードになっていくものと期待しています。

リモートワークだと、通勤時間の往復2時間を診断士試験と
プロマネ試験の勉強(と筋トレ)に充てられるということもあり、
この流れは我々のような資格挑戦者(と筋トレ愛好家)には追い風ですね!
ジムは感染リスクあり自粛中なので重い重量でのトレーニングは出来ませんが、
公園や自宅で出来る簡単な自重トレーニングでも意外と追い込めますので、
外になかなか出られないときのストレス解消におススメです。

また、家でテレビをつけるとコロナの影響で中小企業が苦境に立たされている
というニュースが後を絶ちません。国からの支援策も検討されているようですが、
自分としては今年必ず合格を勝ち取り、課題を抱えている企業を支援出来るよう、
さらに勉強を頑張らなければ、と決意を新たにした次第です。

ということで皆さん引き続き合格に向けて頑張りましょう!!

2020年3月15日 (日)

ヤ・ジ・ン診断士

2020年度本気道場生のkuroです。
本日は、野人岡野について話してみたいと思います。
(本来なら野人岡野さんですが、愛称で呼ばせていただきます)
いきなり野人岡野と言うと、誰?という人もいるかと思いますが、サッカー日本代表を初のワールドカップに導く決勝ゴールを決めた選手と言うと分かる人も多いのではないでしょうか。
野人岡野は浦和レッズなどで活躍し、今はガイナーレ鳥取でGMを務めています。
現役時代(本人いわくまだ引退してなく現役?)は野人のようにがむしゃらに突き進むスタイルで、GMになっても野人ぶりは健在です。
現在の取り組みに、野人岡野が鳥取での空き地を見て思いついたshibafull(しばふる)があります。
ガイナーレ鳥取がスタジアムの施設管理で培った芝生生産をもとに立ち上げ、行政、民間企業とも連携した事業です。
鳥取県には、新国立競技場で採用されるほど全国有数の芝があります。
また、空き地対策という課題もあり、生産ノウハウを活かし、良質な空き地を芝生畑として進めるに至ったわけです。
そんな、しばふるの理念は、「学校の校庭や観光地などを芝生化し人々が集う場を提供する」です。
芝生化は地元の人々にとても好評で、サッカーへの応援や集客にも繋がっているようです。
本気道場の講義で、青木先生に普段から診断士の観点で診るようにと指導されます。
野人岡野やガイナーレ鳥取の取り組みは診断士が取り組む内容そのものと思い書いてみました。
野人岡野のプロジェクトは周りの人々と連携することで、着実に(がむしゃらに?)地域貢献事業へと成長していると感じました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

2020年3月 8日 (日)

多くの情報の中から、正しく必要な情報を見抜くこと

こんばんは。つぼといいます。東京の北の縁に住んでます。

 

コロナウィルスの流行で、世間は混乱しています。

道場がスタートした頃には、こんな風になるなんて想像もしていませんでした。

 

マスクが品薄になるのはしょうがないにしても、トイレットペーパーまでなくなるとは何の冗談かと思いました。

いろんな情報がネットで溢れ、その情報に晒されて不安がつのり、焦って購入に走るのは仕方ないのかもしれませんが。

 

先日ネットで、「情報を受け取った時に持つべき4つの疑問」というのを見つけました。

溢れる情報に振り回されないためのリテラシーとしての「魔法の呪文」だそうです。

JIMA(インターネットメディア協会)から引用されたようですが、ここでも引用させていただきます。

1.「まだ、わからないよね?」=(即断するな)

2.「これは報告かな?意見・印象かな?」=(鵜呑みにするな)

3.「ほかの見え方はないかな?」=(偏るな)

4.「隠れているものはないかな?」=(中だけ見るな)

JIMA:https://jima.media/2019-09-30-literacy-seminar-report/

 

決して偏屈に疑いの目を向けるということではないと思います。

事態を観察し、よく考え正しく情報をつかんで行動することが、他人を傷付けず、景気の停滞も抑え、事態をより早く収束させていくのだろうなと考えています。難しいですが。

 

診断士試験の2次試験の問題も同じです。

与件文の中に多くの情報が盛り込まれ、その中から各設問で問われていることを的確に見つけ出し、解答しなければいけません。その中には、思い込みや見落とし、読み誤りがあってはいけなく、もし間違えば合格から遠ざかってしまいます。問題要求を正しく読み取り、ロジカルに考え、根拠をとって因果で回答する力を身につける必要があるのです。

 

道場では、「広い視野」、「高い意識」、「論理の幅と深さ」、「複数の根拠」などを指導されます。

これって、先の「魔法の呪文」に通ずると思いませんか?

与件文の中の多くの情報に振り回されずに根拠を探し出し、正しい答えを解答するためのリテラシーなのではないかと思います。

ちなみに道場では、もっと多くの厳し〜い愛のある指導がありますw

 

さて、中小企業診断協会から、令和2年度の試験スケジュールが発表されました。

1次試験が7月11日、12日、2次試験が10月25日、口述試験は12月20日の予定です。

中小企業診断協会:https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_r02_shiken/R02_nittei_pre.htm

 

半年強で、2次本番です。それまでに道場の「魔法の呪文」をどうにか身につけ、使いこなせるようになりたいと思っています。

 

といいつつ、私の場合、まずは1次試験突破が課題なんですけどね。

 

それまでにコロナウィルス騒動も治まっていますように。

 

みなさん頑張りましょう。ありがとうございました。

 

 

2020年3月 1日 (日)

診断士勉強を通じて変わった事・診断士を目指す理由

皆様こんばんは。

東京道場生のKと申します。

 

 

ブログを書くのを振り返りの機会として、診断士勉強を通じて変わった事、診断士を目指す理由について振り返りをしようと思います。

 

 

●変わった事

 

今まで仕事に関する投資は主に読書でした。本には仕事に関する有益な内容がありますが、傾向として一つの問題解決手段で問題に対処する内容が殆どでした。

 

そのため、業務において、その手段を当てはめるのが困難で実現性に問題があり、各個撃破の問題解決手法で最終的な問題解決に至らないことがありました。

 

一方、本気道場における勉強では、問題に対し、戦略マップで該当箇所を明確にして、選択する根拠、選択しない根拠、様々な切り口で問題を整理します。

 

体系的手段で問題を整理し、問題に対し漏れなく対処法を考える訓練を事例問題というアウトプットで実戦的に鍛える機会がありました。

 

その影響なのか業務でも、問題に対し、以前より体系的手段で問題に対処出来るようになってきました。

 

問題解決力の向上が他者に認知頂ける水準まで達したのか、今年度は入社以来初めて等級相応の評価でなく、社内でも該当者が殆ど出ない等級を超過する評価になりました。

 

それならもっと早く本気道場に出会えていれば…(汗)

 

 

●当初における診断士を目指す理由

 

次に診断士を目指す理由ですが、当初の理由は会社の看板が無ければ仕事を受注できない状態から脱し、自身の評価や信用で仕事を受注出来るようにしたいと思った事が診断士を目指す理由でした。

 

診断士の勉強を続ける中、正確に言えば本気道場に通い続けてから、診断士を目指す理由がもう一つ増えました。

 

 

●もう一つ増えた診断士を目指す理由

 

診断士の勉強を継続している内に、企業に対し実現性があり最善の戦略立案で企業の全体最適が出来る診断士を目指したいと思うようになりました。

 

「コンサルタントは企業の問題改善を、部分最適でなく全体最適を常に意識する」という本気道場における指導の影響です。

 

私はSEとして働いており、ITという手段を用いた業務自動化は生産生向上を通じ企業にメリットをもたらす事をしております。

 

しかし、オペレーション、手段等のレイヤーにおける改善や研磨では、企業の戦略的優位性まで築くのは難しいと感じています。

 

勿論、その生産性向上によって生じた余剰資源を戦略的優位性の構築に投資するなど、得られるメリットはありますし、SEとしての私の能力不足もあります…

 

ただ、部分的なオペレーション、手段などの戦術レベルに優位性があっても、それが戦略的優位性に直結しないのは、ミッドウェー海戦や第一次ソロモン海戦などで歴史が証明しています。

 

そのため、「企業に対し実現性のある最善の戦略立案で企業の全体最適が出来る診断士となる」を後付ではありますが、診断士を目指す理由にしています。
そのための診断士の存在意義ではないか、というツッコミを受けそうですし、当初の目的が浅いのが明らかですがご容赦下さい(汗)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ