« プロ野球の組織事例 | トップページ | 相棒とともに »

2018年9月14日 (金)

「MECEな自分史年表」

みなさんこんにちは、今年度は2回目のT.Kです。
そして、これが、私の本気道場ブログの最終回になる(予定です)!
(前回はこちら)

さて、最終回は、T.Kの診断士2次受験を振り返るMECEな自分史を考えたいと思います。

1.診断士を志す!スタートダッシュ

 今となっては昔になりますが、当時、自社製品の間接販売のためにパートナー様の窓口をしていました。
 パートナー様に顧客への提案を行っていただくために、戦略策定、マーケティングはもちろんプロモーションなど
 幅広い知識が必要でした。

 この知識は自分自身も必要ですが、パートナー様にも身に着けていただきビジネスを推進していただく必要が
 ありました。
 そんな中、「自分自身が診断士に合格して、教育してやろう!」と偉そうに考えていました。

 <2013年>
  ストレート合格を目標に、T〇Cの通信に入りました。
  1次を何とか合格しましたが、2次は事例4でD評価で終わりました。

2.出口の見えない!中間走
 <2014年~2016年>
  個人主催の通信、通学と迷走しました。

3.決意の本気道場!フィニッシュ
 <2017年>
  以前から気になっていた本気道場に申し込みました。
  本気道場は何となく敷居が高く感じられ、申し込むのに少しためらいがありましたが、
  絶対合格したいとの思いから門をたたきました。
  結果として不合格でしたが、はじめて事例4ででAが取れました。

 <2018年>
  本気道場スタート後、PMP資格を取らなくてはいけなくなるなど、思うような学習が
  できていませんが、残り1か月で、圧倒的合格を目ざします!

 <2018年末>
  自分には合わなかった個人の講座に行くなど、回り道をして長かった受験時代も
  ようやく終わります。
  そして、やっと本気道場からのアップセル(事例2ではないですね)、
  もとい、上位コースの売れプロに入ります。

 長くなりましたがどうでしょうか? MECEになってますかね?
 時系列として、あとは失敗-成功、過去‐現在‐未来、で。


以上です。

« プロ野球の組織事例 | トップページ | 相棒とともに »

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

コメント

売れプロをアップセルっていうな!(爆)。

値段が安いわ!(そこじゃない)。

まずMECEではないです。

理由は2018年末以降の未来が明確に描けてないからです。もれもあります。重複はないです。

うちでTAC二次模試1%以内も達成したTKさんですが、本番で結果を出すのが今年です。

最後までいいわけない努力を。

がんばりましょうね。。。

青木先生

コメントありがとうございます。
アップセルって言葉を使いたいから使うではだめですね。
しっかり、与件に沿って使えて、MECEもできるように自分自身をアップグレードします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/74204916

この記事へのトラックバック一覧です: 「MECEな自分史年表」:

« プロ野球の組織事例 | トップページ | 相棒とともに »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ