« 雑感 | トップページ | 店舗不動産と経営コンサルティング »

2017年5月 4日 (木)

通過点

 青木先生、本気道場生の皆さま、こんにちは。通信生の恩田です。

 GWいかがお過ごしですか?僕は1次の勉強と本気道場の復習をし、家族サービスもしています。普段は通信受講ですが、都合がついたときに青木先生のご了解を得て生講義に

新潟から参加させてもらっています。生講義はやはり迫力がありとても得るものが大きいです。通信だと皆さんの笑い声が聞こえてきますが、やはり聞いていると生講義は楽しそうだなーといつも思います。

 タイトルは通過点と書かせて頂きました。僕は普段は官公庁勤務で年金係の統括の仕事を

しています。僕は社労士の資格を保有していて、市民の方が障害年金を受給でき、お礼を

言ってくださるのが、なによりの励みになっています。しかし、ご家族は障害者の就労先が

ないなどお悩みも受けることがあります。僕もお話を聞き、年金受給までしかお手伝いできない限界を感じていました。その気持ちがすべての出発点になりました。

 ある夕方、書店で「日本でいちばん大切にしたい会社」の本を手にとりました。その本に

日本理化学工業が紹介されていました。ダストレスチョークのシェアは日本一の会社で、社員の7割は障害をお持ちの会社です。一番感銘を受けた言葉が、人を工程に合わせるのでなく、工程を人に合わせるという、社長の発想の転換です。社員の方は自分たちの製品が世の中で受け入れられているのを誇りに思って、仕事をなさっています。

 もう1社、ご紹介させて下さい。スワンベーカリーです。ヤマト運輸の社長の小倉昌男さんが私財を投じて障害者の自立を願って設立した会社です。銀座の歌舞伎座の近くに本店があります。私も家族で隣接のカフェを利用しましたが、障害をお持ちの方が健常者と一緒に生き生きと接客していて、とても雰囲気がいいお店でした。その会社は広島に本社があるタカキベーカリーから冷凍パン生地を仕入れて各店舗で解凍し焼くだけですが、味はとても良いです。同社はアンデルセンやリトルマーメードのブランドでも展開しており、上手に連携ができています。

 上記は東京の企業ですが、新潟はまだまだ法定雇用率も達していない企業が多いのも現実です。将来は診断士になり、青木先生のご指導を受けながら力を蓄え、障害者の方を

雇用している企業の支援がしたいと思います。診断士の合格は通過点です。そのために

なんとしても今年は合格するために、日々勉強していきたいと思います。青木先生、道場生の皆さま今後も宜しくお願いします。

 

« 雑感 | トップページ | 店舗不動産と経営コンサルティング »

コメント

恩田さん。

あお先生です。

素晴らしい思いですね。

ぜひ、実現に向けて頑張ってください。

日本理科学工業さんのお話は僕もお伺いしに行ったことがあります。

実際、工場の中で障害者の方々がキラキラと働いていたのがとても印象に残っています。

素晴らしい会社ですよね。

障害者雇用をしている会社はとても素晴らしいですが、いろいろとご苦労も多かったりするものです。

ぜひ、そういう会社の応援をできる中小企業診断士になれるように。

まずは中小企業診断士取得。

そしてそういう応援ができる力を付けて。

がんばっていきましょうね!!!

PS また素晴らしい文章です(二次論述もこの調子で(笑))。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/70465757

この記事へのトラックバック一覧です: 通過点:

« 雑感 | トップページ | 店舗不動産と経営コンサルティング »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ