« 私が中小企業診断士合格を目指すことになったキッカケ | トップページ | 中小企業診断士取得に向けて »

2016年5月 5日 (木)

フリーランス(独立の手段の1つとして)

おはようございます。
東京道場のフリーITエンジニアのみやっちです。

GWの中盤ももう今日で終わり。
1次試験の申込書も届き、1次試験まで3ヶ月となりましたね。
私は体調を崩し、2日から4日にかけて、ほぼ寝込んでいましたが、今日からがんばります!

さて、診断士合格後、独立を考えている方もいるかと思います。
独立の手段としては
 1.株式会社を設立する
 2.フリーランス(個人事業主)になる
 3.1、2の中間として合同会社(LLC)を設立する
などが考えられます。(経営法務で習いましたよね?)

そこで、今回はフリーランスについて書いてみようと思います。
私は会社員として13年、フリーになって14年目になります。
フリーになるには、税務署に開業届を提出するだけです。
フリーというと、やはりアナウンサーが真っ先に思い浮かぶかと思います。
最近では元フジテレビの加藤アナウンサーもフリーになりましたね。
特に最近はフリーに転身する女子アナウンサーが多いらしく、競争が激化しているとのことです。

2015年版小規模企業白書(2015年度から刊行されたらしいです。試験範囲でもあります)では、
『自らの持つ技術や技能、スキルを拠り所に、組織に属さず個人で活動する事業形態』
をフリーランスと定義しています。
簡単に言うと、自営業ではあるけれども、個人で活動している人ってことになります。
あお先生もここに含まれますね。

☆2015年版小規模企業白書によると(一部ですが)

[フリーランスが事業を営んでいる職種]
ITエンジニアが 24.8%
その他の専門技術職 22.6%
デザイナー 14.5%
ライター・ジャーナリスト 12.5%

[フリーランスの年代構成]
50代 38.3%
40代 36.3%
30代 10.9%

[フリーランスの定休日]
不定休 76.6%

[フリーランスとして働いている理由]
仕事をする時間や場所の自由度がある 70.1%
自分の好きな仕事をできる 64.4%

[顧客を獲得するための方法]
既存の顧客からの紹介 47.1%
自分の営業活動・売り込み 42.4%
友人・知人からの紹介 35.6%

となっています。

職種としては、ITエンジニアが1番多いんですね。
会社法施行後は、個人であっても法人化する人が多いので、この数字にはちょっと驚きました。
最近知ったのですが、フリーの寿司職人もいるとのこと。(どうやって仕事を得て、どういうところで寿司を握っているかは私も知りたいですね)

年齢は50代が1番多のには驚きました。
40代の私にとっては、まだまだこれからってことですね。

定休日は不定というのが、8割近くを占めるとは思いもよりませんでした。
以前は、私も家で作業したりしていたので、土曜とか日曜とかの感覚はあまりありませんでした。
平日にジムにいったりして。。。
しかし、最近は、ITエンジニアの場合、情報漏えいとかの関係で、ユーザー先に常駐して作業をすることが多いので、ユーザーの休みにあわせることが多いのかなーと思っていました。
このことから、今の私には、理由の「仕事をする時間や場所の自由度がある」はあてはまらないことになります。
ただし、「自分の好きな仕事をできる」はその通りで、やりたくない仕事は断ればいいわけで、そこは自分で決められるということになります。作業内容とか場所とか報酬とか。。。

顧客獲得は、やはり知り合いの紹介が1番多いです。
そこで結果を残せば、また仕事の声がかかる、結果を残す、仕事の声がかかる…
これの繰り返しになるのかと思います。

フリーランスは安定した収入があるわけではないですが、会社で決められた仕事ではなく、自分がやりたい仕事やって、それで報酬を頂く。
独立の手段の1つとして、検討してみるのも、ありなんじゃないかなと思います。

1次試験まで3ヶ月、2次試験まで5ヶ月半。
私も今年は1次試験からです。
みなさん、がんばりましょう。

« 私が中小企業診断士合格を目指すことになったキッカケ | トップページ | 中小企業診断士取得に向けて »

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

コメント

みやっちさん

おはようございます。NNNです。

そう!フリーランス、独立の話、
一度みやっちさんにゆっくり聞きたかったんですよね。
今度お時間ください!

私も合格したら、いきなりは無理かもしれないですが
独立したいんですよね。

理由は、プラス面は、心底やりがい感じれる、
やりたいことに没頭できるってことですかね。
もちろん会社組織にいるからこそ出来ることもあると
思いますが。

マイナス面では、超高齢化社会、年金の問題等々、
社会環境的に先行き不透明なことも多く、
老後もアグレッシブに生きるには、
確実なスキルと収入も必要かなと思ってます。
まぁこの辺は妻を味方に引き入れるための
説明だったりもしますけど。。

でも合格したら独立したくてしょうがない、
我慢できないと思います。

この間の本気道場で青木先生もおっしゃってましたが、
合格→独立→ウハウハ(*≧∀≦*)
を夢見て、今日も図書館にかんづめです。

あ、この間、妻の兄が私のいないところで、
「診断士ってたいして難しくないんでしょ?」
「取っても飯食えないんだよね?」
「それなのにGW潰して勉強??」
って言ってたようで、言い返せなくて
悔しかったとのこと。

・・・・・見返してやる(-_-#)

GW後半、頑張って生きましょう!!

みやっちさん

個人事業主、独立SEが多いとのこと、結構納得です。すごく多いですよね。

また仕事の紹介ですが、アンケートの内容はもちろんやりつつもその上を行くのが大切です。

NNNさん

診断士がとっても食えない・・・・。

僕は診断士になってから10kg以上体重が増えてますし、思いっきり食えますよ!

僕だけでなく、僕の知り合いにはがんがん稼いでいる診断士も結構います。

一方、全然ダメな人もいます。年収100万にも満たない人もいます。

結局、その人によるのですがNNNさんは順調に伸びれば大丈夫です。

診断士を全く知らない、妻の兄を信じるか診断士歴十数年、東京協会次期役員・事業開発部長でもあり、協会最大のプロコン塾の塾長であり、年間267日講師登壇、70日コンサルの僕を信じるか・・・。

僕ですよね(笑)。

だから今できるのは勉強です。がんばって!

そして、僕は人生で自分を誉めるとしたら診断士を志した瞬間の僕を誉めたい!

最高の仕事を最高の気分でできる今、ほんとにそう思います。

がんばって!!!

NNNさん
こんばんは
独立志向なんですね。
まずは合格に向けてがんばりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/65321959

この記事へのトラックバック一覧です: フリーランス(独立の手段の1つとして):

« 私が中小企業診断士合格を目指すことになったキッカケ | トップページ | 中小企業診断士取得に向けて »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ