« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

ただいま修行中!

皆さま

おはようございます。NNNです。

昨日は本気道場でロジカルシンキングの授業からの懇親会でした。

今回私NNNがお店選びをしたんですが、リサーチ不足を露呈してしまい、
あお先生が食べない「もつ料理」のお店をチョイスしてしまったんですが、
もつ以外のメニューが多く味も良かったのと、店員さんのさわやかな接客に救われ
とっても楽しく、有意義な時間でした。早速ですが次回がもう楽しみですw

さて今回のブログのタイトルで使ってる「修行」という言葉、
もちろん受験生として必要な知識や論理的思考を
身につけることを指していますが、合格後に診断士として活躍するために、
自分の物事に対する考え方や行動特性を変化、進化させていく
という意味も含んでいます。

なので、単に「勉強」ではなく「修行」。

きっかけはあお先生の講義を初めて受講した時のことです。

午前の講義が終わりみんなで昼食に出かけ食事をすませ、
食事後の会計の時に、レジの店員さんが我々の前に会計をしていた
女性の団体にチラシを渡していたんですが、我々には渡そうとしませんでした。

私は??となりながらもまぁいいかって思ってましたが、あお先生はすかさず、
「あのチラシは何ですか?私たちにはもらえないんですか?」
と店員さんに話しかけてました。

その瞬間、雷に打たれたような気持ちになりました。

私が話しかけるのをためらったことは、
新たな情報をキャッチするチャンスを放棄したことと同じなんですよね。

チラシを受け取った後は、マーケティングの話に花が咲き、
先生としては何か特別な情報になったわけではないと思うんですが、
あらゆる事象にアンテナを張りながら、情報をキャッチしていく姿勢に
感銘を受けたわけです。

結局受け取ったチラシは、女子会宴会プランのチラシだったってオチでした。


さらにその後、食後の歯磨きをしている先生に遭遇した時も
あ!!って思いました。

人前で話す、人と話すことを仕事としているんだから
食後に口の中を清潔にしておくのは、ある意味当たり前。

その時はそう思えましたが、
それまでは単純に虫歯の予防程度でしか考えてませんでした。
(まぁ特に磨いてもなかったですしね。)
今は毎日磨くようにしてます。

両事例とも、先生の本心がどうなのかはわかりませんが、
少なくとも私の中で、行動特性の変化の必要性に
気付くことができたきっかけでした。

今はまさに血を入れ替えるような気持ちで、
今までの自分を積極的に変えようと思っています。

皆さんが実践していることもぜひ教えてください!

 

2016年3月24日 (木)

勉強時間確保の方法

皆様
おはようございます。NNNです。

今日は診断士受験生を悩ませる勉強時間の確保について
書いてみたいと思います。

皆さんお仕事等多忙な中、週に25~30時間程度を目標に
勉強計画を立てているかと思います。

となると、平日@3~4時間、休日@5~7時間といった計画を
立てている方が多いのではと思います。

休日の勉強時間確保は比較的やりやすい
(お子さんいらっしゃる方は大変かと思いますが。。)
かと思いますが、平日の時間確保が結構大変なのではと思います。

私も平日に勉強できてないことをプレッシャーやストレスに感じて、
それをがっつり取り戻そうと週末頑張るんですが、
そのせいで息抜く暇もなく翌週がスタート、といった
精神衛生上よろしくない状況でした。

それで今年からは朝型生活を取り入れることにしました。

4時に起床して1時間勉強、身支度して家を出て、
6:53の自宅最寄駅が始発の電車にのんびり座って30分勉強、
始業1.5時間前に会社に到着、1時間勉強して、30分新聞読んで、始業。
そんな感じの生活を2月から始めてます。
(毎日100%こなせてるわけではないですが。。)

メリットは、

①平日ノルマを@3時間としても、朝仕事を始めるタイミングで
すでに2.5時間勉強完了しているので、平日のノルマ達成が容易。

②急な残業や飲み会等があっても、夜にウエイトを置いていない分、
スケジュールが大きく狂わない。

こんな感じです。

私が勤めている会社は、人事異動や組織、新会社設立の頻度が多く、
歓送迎会や結成会などのイベントでよく飲み会があります。
(昨日もでした。。)

朝のうちに勉強時間がある程度確保できているので、
飲み会にしても残業にしても、勉強時間を失うストレスをそれほど感じず
割り切って参加できるので、ある意味ストレスは発散できてるのかもしれません。

ちなみにデメリットは、

眠い

これに尽きます。特に前日に酒を飲んでいるときは尚更です。。
私の場合、始業時間の9時頃が眠気のピークです。。。
みんながよーしがんばるぞって時に眠そうな顔をしないように必死ですw

起きること自体は慣れれば平気かなと思います。

皆さんは何か取り組まれてることとかありますか??
ぜひ教えてください!

2016年3月21日 (月)

勉強会で話題になった文房具+α

こんばんは。
今週のブログ担当のNNNです。
本日がんばって2回目の投稿です。

前回&タイトルでも書いてますが、
昨日の勉強会で文房具の話で盛り上がりましたので
今回は使ってる文房具について簡単にご紹介してみたいなと。


①シャーペン
これは皆さんそれなりにこだわってるんじゃないでしょうか。
どこで聞いてもクルトガは人気ですね。
私は、グリップがぷにぷにジェル状のやつを使ってます。
勉強会の時に、クルトガで自動で芯が出るタイプが新発売になった!
と皆さんにお伝えしてた情報は、完全にデマでした。
正確には、1回のノックで書ける時間が長くなるタイプが出たようです。
失礼しました。

②シャーペンの芯
私がクルトガ用の芯を使ってるって言ったら、
皆さんそんなのあるん??ってリアクションでしたね。
私も効果を理解せず使ってるんですが、
それなりに使う意味はありそうです。

③消しゴム
一般的なサイズの普通の消しゴムに追加して、
落とした時の予備としても持っているのがこちら
右側のレーダーポイントってやつです。
角が多いって書いてますが、先っぽが丸まってしまえば
他の消しゴムと大差ないような気もしてます。。

④蛍光ペン
O親分さんが予想以上に関心を示していた、
ノック式(キャップ無し)の蛍光ペンがこちら
結構前から愛用してます。
中のインク部分だけ交換できるので、
地球にやさしいです。エコです。eco。

それでは明日の朝に備えもう寝ます。
おやすみなさい。。

昨日は本気道場(東京)の勉強会でした。

皆さま
おはようございます。
東京本気道場生のNNNです。

今週1週間、ブログ頑張っていきます。
しょーもない話を中心に(中心?!)
ここでがっつり投稿のハードルを下げつつ、
記事UP回数にこだわっていこうと思います。
よろしくお願いします!

まずは自己紹介を。

39歳、男性、既婚(2回目)
初めて診断士の勉強をしたのは大学生の時、
今から15年以上前のこと、試験が旧制度の時です。
(京都の日本マン●ワーでした。。)

自分なりの野望を胸に秘め始めた勉強ですが、
いろんな誘惑に簡単に負け続け、戦線離脱。
その後の人生でも思い出したように受験校や通信教育に申し込んだり
途方もない散財を繰り返してました。

そして2012年、東京への転勤を契機に気合を入れなおし4科目合格。
だが1年で息切れ、2,3年目の科目合格ゼロで振り出しへ。

2015年、40歳までにはケリをつけたい!とやっと本気モードに。
今までの小さな蓄積が役立ったのか、7科目合格。
勢いそのままに2次試験受験、結果はBAABのBで不合格でした。
思ったより成績は良かったですが、目をつぶってフルスイングしたバットに
たまたまボールが当たった、そんな感じでした。

きちんとした解法で確実に合格に近づきたい、
その後の人生で使えるものとしてもきちんと学びたい、
ということでネットで情報検索、青木先生のブログにたどり着き
今日に至るって感じです。
うわぁぁぁ。自己紹介ながっ!

他に書きたかったことは次回以降にするとして、
タイトルの通り、昨日は本気道場(東京)の勉強会でした。

3連休の真ん中ということもあり、前回より参加者は少なかったですが、
本試験さながらの緊張感とその後の意見交換、とても有意義な一日でした。

ランチのインドカレー食べ放題のせいで、事例Ⅲで睡魔に襲われるという
ある意味診断士2次試験あるあるもきっちり体験済みですw。
簡単ですが、勉強会の様子も写真でUPしておきます。

Room_1_3
子供も多く、館内はほんわかした雰囲気でしたが、
団体名のせいか、この部屋の周囲だけ妙な緊張感がw

Member_1_2
K守さんだけ顔見えちゃってまして、すみません。。
こんな感じでした。
12時間で4,100円!スーパープライスでした。
次回は勉強会中で話題に上がった文房具の話でも。。。

2016年3月20日 (日)

勉強を実践に生かすと自滅する?

ブログ投稿遅くなりました!

本題に入る前に、本日只今この時間、東京道場の皆様は勉強会に参加されて過去問をビシバシ解きまくっていらっしゃる頃だと思います。今日は勉強会に参加できなくて残念です。私は朝から子守をしながら残っている仕事を午前中で片付け、午後から過去問を解いていく予定です。皆さん頑張ってください!
さて、私は現在、飲食店舗の新規業態開発を仕事としています。店舗物件を自分で見つけてきて、その店舗に合う業態を開発して店舗を作るというものです。
これまで中小企業診断士の勉強をやってきて良かったなと、日々実感しております。
社内や社外で新業態を考える際には、必ずマーケティング戦略について、これまで勉強した通りに考えるようにしています。
1)外部環境分析と内部資源分析を行い
2)自社の経営理念・経営ビジョンに照らし合わせて
3)事業ドメインを決定し
4)競争戦略を考慮しつつ
5)機能戦略(組織・マーケティング・生産・財務)を組み立てる
この流れで対象を考えて、相手にロジカルに伝えていくように努力していますが、役員や上司に「分かりやすい」「勉強になる」と褒めて頂き、入社2週間目ですでに会社が進めている重大なプロジェクト全てに参画するに至りました。
これも全て青木先生のご指導と、一緒に試験合格を目指す道場生の皆様のおかげです。
死ぬほど忙しくなりました。勉強時間が作れなくなりそうです。
これから先の試験日まで、会社の仕事に追われながら、妻に怒られながら、娘からはせっつかれながら、何をどうやって時間を作って勉強すればいいのか、さっぱりわかりません。
2月の無職だった頃に戻りたいです。
勉強を実践に生かすと、思わぬところで自滅するのですね。
人生は学びの連続です。 修行です。
こうなったら自分の限界を超えるのみです。
やってみせます。やってみせましょうとも。
なんだかまとまらない徒然日記みたいになりましたが・・・、これからも宜しくお願いします!

2016年3月15日 (火)

おめでとう二次合格スーパー本気道場通年クラス東京一期生の最優秀受講生上場企業の執行役員になりました

おはようございます!本気道場塾長・プロ研修講師・プロコンサルタント・中小企業診断士の青木公司です。

昨日の深夜、本当にうれしいメールが飛び込んできました。

僕の7期目を迎える二次合格スーパー本気道場通年クラス1期生で最優秀で二次合格を果たしたSさんがマザーズ上場の企業で執行役員・社長室長に昇格したというのです!

そのメールは以下です。

------------------------------------------------------------------------------

「ご無沙汰しております。

1つご報告があり、ご連絡しました。

勤務先で昨日取締役会があり、執行役員社長室長に選任されました。

2年程コアメンバーとして取り組んできた上場準備が無事に実を結び

無事に昨年上場できたことを評価していただけたのかもしれません。

青木先生には診断士受験生の頃からさまざまご指導をいただいてきましたが、

おかげさまで1つ実績が作れたかな、と思います。

とはいえまだまだ足りないところも多いので、日々勉強しながら頑張っていきたいと思います。

今後ともご指導ご鞭撻をお願いいたします。

取り急ぎ、青木先生にはご報告しておきたいと考え、メールにてご連絡させていただきました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

彼とは東京リーガルマインドで僕が一次二次ストレートコースリーダー講師をしていた時に出会いました。

僕の指導するクラスではなかったのですが、二次試験対策になってから二次講座で僕の講座を受講しました。

ストレートでは残念ながら合格できなかったですが、僕をしたって、翌年、ぼくが立ち上げた中小企業診断士講座、二次合格スーパー本気道場通年クラス一期生に来ました。

そして、その中でトップ争い、TAC二次模擬試験でも上位数パーセント。合格しました。

中小企業診断士になってからも彼は頑張り、僕の成功する講師養成講座、「10倍売れるブランディング・営業力養成講座」などを受講。

売れプロを実施する前、ぼくがあるプロコン塾でメイン講師として80%登壇するところにも来ました。

中小企業診断士として、今はある支部の会員部長・執行役員でもあります。


彼は神戸大学大学院卒の優秀な人材ですが、大学卒業後、すぐに就職せず、本気でプロのバンド活動などをやっていたそうです。

そのため、すぐに大手企業に入るなどのスーパーキャリアは描けませんでした。

アルバイトなどをしたりしながらの生活でした。

それでもその後、大手のチケット販売の雑誌社に入社。そこからキャリアを積み重ね、診断士をとり、転職し。

今回のその会社の上場は彼が上場作業を担当して実現させたそうです。

そしてついに40代前半で自分が上場させた企業の社長室長・執行役員になったのです。

大きなひとつの実績です。

おめでとう!Sさん!。


彼はもちろん賢く、人懐っこく、周りをみられるすばらしい人材です。

そして義理堅いところもあります。

もう数年前ですが、あるコンサルティング会社が部長人材を募集した時のことです。

彼は僕のところに連絡をよこしました。

「青木先生。その募集に興味があるのですが、ぼくがそこにいくことは青木先生の将来の構想にマイナスな影響はないでしょうか。よいでしょうか。」

本来、僕は彼の就職先に口を出すことなど当然できないはず。それでもコンサル業なので同業と考え、連絡をよこしたのです。

信頼できる人材です。

心から本当におめでとう!Sさん!

ただし、これはまだ始まりにすぎません!

もっとすごい貢献をして、高みを目指してください!

単なる出世ではない、高みを目指してください!

本当におめでとう!

2016年3月10日 (木)

幸せの「点」と「線」

おはようございます!
            
今週のブログを担当させていただいております東京道場のよっしーです。
(ブログネームは、よっしーでいこうと思います)
               
いままでブログを書いたことは無かったのですが、ブログを書くというだけでネタ探しのアンテナが立つのもこのブログリレーの効果ですね!   
今日は、最近自分の心に響いた話をさせていただきます。

それは点と点を一本の「線」につないでいくことが幸せの形という話でした。            
現在という点と、目標が実現した未来という点。
その距離が長ければ長いほど大きな幸せをつかめる。         
             
途中で失敗をして不幸せな気持ちを覚えることがあったとしても、それはその時の点にしか過ぎず、真剣にずっと線を引き続けようとすればその期間はずっと幸せなものになる。
            
人は点だけでは幸せになれない。
現在という点から抜け出し、線を引き続ける勇気こそが大事であり、            
線を引きながら歩いているときこそが幸せなのである。            
             
といった内容の話でした。            
             
僕自身、これからの人生たくさんの線を引きたいと思っています。            
まずは診断士合格!!            
その目標を達成するための道のりに幸せを感じ、支えてくれる人達に感謝しつつこれからも勉強に励みたいと思います。            

以上、よっしーでした!

2016年3月 3日 (木)

根底に散りばめる戦略

こんにちは、ユリ@大阪道場です。

ブログ2本目書きたいと思いますdelicious
皆さんは将来ぼんやりと持つやりたい事とかってありますか??
私は、自分がオーナーとなる飲食店【焼き鳥屋さん】をオープンするor飲食コンサルをしてみたいなぁ、というのが長期スパンなやりたい事リストの一つです。(45歳過ぎた当たりから)
ですが、飲食店って身近でイメージもしやすくて魅力的なため、参入障壁が低いからこそ誰でもできそうですがやはり戦略の無い会社は即潰れてしまうのが現実ですよね、、
家の近所のお店でさえそんな状況ですし、自分が想像している5倍以上はしんどい業界なんだろうなぁと思います。
先日、知り合いが興味深い記事を教えてくれてざっと読んでいたところ、
そこには全くのド素人の方達が飲食店オーナーとして成功するまでに至った開業秘話やら
エピソード諸々が載っていたのですが、一番深く納得した内容がありました。
それは、「売れてる店ほどメニューが緻密に計算されている」というものでした。
どういう事かというと、メニューは単なる思いつきで生まれるものではなく、
様々な戦略をこらして生まれるものらしいです。そして売れてる店=客を待たせない、が大原則であり、これはメニューの組み方次第で決まります。つまりメインの作業時間です。
具体的にそこに書かれていたのは正に運営管理で習った「製品工程分析」で見たようなフロー図でした。記号は、洗浄・前処理・調理・盛付、とかに分かれていた気がします・・・(少しおぼろげ。というか主体は人なので作業者工程分析な気が・・・・・・)
営業している時間帯ごとに最も売れ筋や看板にしているメニューと、それと同じ時間帯に付随して売れやすいサイドメニュー、時間帯や客層関係なく平均的に売れるメニュー、そうでないメニューなど、全てをざっと上記の工程記号に基づいてフロー図にまとめあげ、
その後メニュー同士で一緒にまとめて調理できるもの、作業順序を組み替えればさらに効率よく単純化できるもの、そうでないもの、等をまた深堀して洗い出します。
そして最終的にMinの手間・調理時間・作業場移動距離、で調理できるメニュー段取りを考案し、その上でトータルした原価を算出して、店の目標とするコストに抑えられるかどうかを判断。
メニューを決定。という流れらしいです(当然一概には言えない為あくまでも例)
また、上記の工程分析図を基にさらに調理場内での「流れ線図」も作成し、
最も効率的な動線フローを考えつつそれをベースにして調理場自体を設計する、といった事も
案として書かれていました。
・・・・・・知らなかったのはもしかして自分だけかもしれません。(爆)
既に飲食業に就かれていらっしゃる方がもし居て朝飯前な話題でしたら・・・余計すみません(汗)
消費者が意識しない水面下で実はそのような差別化する要因ありきなのは言うまでもありませんが、飲食店開業ノウハウの雑誌にまさか運営管理で見覚えのある図が出てくるとは思っていなかった為、驚きました。
納得とさらに興味が沸いた先日のお話でした☆

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ