« 2013年2月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

12年二次合格体験記NO10 はまちゃん二次でどう考えるべきだったかのモデルケースが提示される

こんにちは。

本気道場塾長の青木公司です。

本日のブログは合格体験記NO10 はまちゃんの合格体験記です。

はまちゃんはアラフォー独身の受験生。

2012年、すべての受験校のガイダンスなどに参加も、その中でベストと信じたあお先生の二次合格スーパー本気道場通年クラスに来ました。

通年クラスだけでなく、すべての合宿系講座に参加。飲み会もすべて参加。

めきめき力を上げ、本気道場でも上位にあがり、TAC二次模擬試験でも上位4%以内に。

もちろん本番も圧倒的合格しました!

そんなはまちゃんの合格体験記です。

1.個人データ
 氏 名:はまちゃん
 出身地:長崎県長崎市
 趣 味:飲み、カラオケ、読書、一人旅 



2.職歴
 IT企業の経営企画部門で役員業績評価や計数管理・IRを担当してます。経営課題を数字で表現したり、経営目標を数字に落とし込んだり、経営者に数字の説明をしたり、と主に数字にかかわる仕事です。

3.受験のきっかけ
 持ち株会社立ち上げのメンバーになったことがきっかけです。回りのメンバーの話す、「B値求めてハードルレート設定」、「取締役会非設置会社の要件」などの用語が理解できず、知識を底上げしないとこの中ではやっていけない、と痛感し、幅広い知識を体系的に得られそうな中小企業診断士試験を受験することにしました。



4.受験物語
 2010年:1次不合格(合計416点、3科目合格)
 2011年:1次合格!(平均69.5点)、2次不合格(ABBDのB)
 2012年:2次合格!!

 初年度は診断士界の老舗の予備校、2年目はNHKにも出演した予備校と最大手の予備校に通いました。3年目は、「今年を最後の受験にする」という想いで、全予備校のガイダンスを回りました。
 その中で本気道場のクリスマス講座にも参加したのですが、模範解答への納得性が極めて高く、「この先生を信じてついていけば大丈夫」と確信し、一年間お世話になることに決めました。

 また、「ついていく」と決めた以上はお金の問題には目をつむり、全てのオプション講座と全ての飲み会に参加しました。おかげで、勉強以外にもしんどい一年とはなってしまいました(笑)。


5.本気道場のよさ
 先生の講義は、解法フローにそって、実際に演習を解く手順どおりに進んでいきます。そのため、設問を読むパート、与件を読むパートのどこで自分のつまづきがあったのか?が手に取るように理解できるます。また、



・設問文だけでこれだけの切り口を浮かべることができるのか!
・この与件はこう解釈すべきだったのか!!
・複数のヒントがこんな形で隠されていたのか!!!



と、「本来、どう読むべきだったのか?どう考えるべきだったのか?」というモデルケースが毎回の講義で示されるので、何回も繰り返して問題を解き先生の講義を聴き直すことで、自然に2次試験の力が上がって行きました。
 時々、「それは先生だから気づけるのでは・・・」と思う時もあったのですが、そんな時でも、回りの受講生と話してみると成績上位者はちゃんと内容を捉えて正解していることが多く、謙虚に自分のズレを直していくことができました。



 そんな中、本気道場の中での成績も上昇し、他校の模試でも、上位4%と着実に力をつけることができました。



 また、最後のオプション講座の後に、直前期にもかかわらず先生と飲みにいったのですが、やや不安になっている自分を激励いただいて、自信を持って本番を迎えることができました。

 ちなみに、その時に飲みにいった3名の受講生は全員合格しており、飲み会参加は大正解!、って実感してます(笑)


6.今後
【短期】
 まずは、目の前の仕事に全力を尽くして、「数字が強みです」と言えるレベルに実力を向上させたいと思っています。同時に、経営者や利害関係者への説得力が自分の課題なので、ライティングやプレゼンについて重点的に自己投資をする予定です。

【長期】
 数字への強みを軸としたコンサルタント、研修講師を目指したいです。特に声「だけ」は(笑)講師向きと褒められたこともあり、講師業については、大学でのMBAの講師なども視野に入れたキャリアを考えています。

先生の厳しいながらも暖かい指摘のおかげで何とか合格できました。今年は、診断士として、売れプロでまたお世話になるつもりです。では、今年も改めてよろしくお願いいたします。

---------------------------

厳しかった?うそーーーー(笑)。

東京都中小企業診断士協会中央支部認定プロコン塾、「売れプロ」でお待ちしています。

12年合格体験記NO9 東京美女子受講生ナグさん二次指導を超えた成功する診断士としての指導

本日のブログは東京美女子合格者ナグさんの合格体験記です。

ナグさんは大手メーカー勤務の美女子受講生。大手受験校に通っていましたが、ほかの女子受講生(※本気道場で修業し、TACの二次模擬試験で一次上位0.2%、二次上位1%の実力にあがり、合格。今、診断士で大活躍中)の紹介で本気道場に来ました。

若くして大手企業課長で、主婦育児もこなす彼女は本気道場1年目でTAC二次模擬試験で上位数パーセントまで上がりましたが惜しくも不合格。

しかし、今年さらに実力を上げ、今年もTAC二次模擬試験で上位数パーセント。

もちろん合格しました。

そんな彼女の合格体験記です。

------------------------------------------

1. ニックネーム
    ナグ

2.自分の属性の紹介
(1)プロフィール

      アラフォー女子。都内在住、幼稚園児を育てるママ。
(2)仕事

      食品メーカー入社以来、10年以上が経過。秘書、広報、IT等の仕事を経て、
      現在は顧客動向調査部門に所属。

3.私の受験物語
 
1次試験は1回で合格できましたが、診断士合格までには4年かかりました。
・2008年12月 診断士受験を決意
育児休業中の空いた時間に「何か勉強をしたい!」と思ったのがきっかけです。会社の診断士
の先輩が社内診断士として活躍しており、横断的な知識を身につけ、「どの部門にいっても活躍できるように!」と自己啓発が目的となり勉強を開始しました。

・1年目(2009年):「1次試験合格」・「2次試験敗退」
大手予備校の通学講座を受講。1次試験は無事に合格。9月に育児休業から職場復帰したこと
もあり、新しい職場に慣れることで精一杯の日々。1回目の2次試験はほぼ記念受験状態。

・2年目(2010年):「2次試験敗退」
2年目は2次試験に専念。大手予備校の2次講座に通学したが、勉強の方向性の誤りや2次
試験への理解不足で、また敗退(涙)
「これまで通りの学校や勉強方法では、完全に間違っている。これでは合格しない」と悩んでい
たところ、友人の勉強仲間に紹介され「本気道場」の門を叩く。

・3年目(2011年):「1次試験合格」・「2次試験敗退」
  今年こそ、1次・2次ストレート合格しよう!と日々奮闘。1次試験は合格したものの、
3度目の2次試験でまたもや敗退(涙涙涙)
会社の勉強仲間や、友人が合格していく中で、「自分だけ」落ちたショックで、ドンゾコまで
突き落とされる・・・。

・4年目(2012年):「2次試験合格!」
2次試験に専念。事例1・2・3は、青木先生の魂の入った、負荷の高い事例問題を積み重ねる
ごとに安定した実力を獲得。事例4は、財務道場のフル活用により財務力も向上し、悲願の
合格!

とても長く辛い4年間でした。。。
3年目の不合格の際、落ち込んでいるときに、青木先生が熱く心のこもったメールをくださり、
励ましてくれました。

「ストレートで合格するよりも、多年度にわたる勉強をして重厚な知識を身につけて合格した方
が、診断士になってから活躍できる」「来年は、圧倒的な力で合格しよう!」と。

一番辛く、凹んでいる時期に、熱いメールを頂いたお陰で、長い長い受験生活を今年無事に合格で終了することができ、青木先生に「恩返し」ができたと思っています。有難うございました!

4.本気道場の素晴らしさ
 私は、本気道場に約2年間通いました。その中で感じた本気道場の素晴らしさは下記の通り
です。

・青木先生の2次試験指導を超えた成功する診断士としての指導
第一に、なんといっても青木先生の、面白く・深く・適切な2次試験指導があげられます。
先生の授業では、2次試験の具体的な攻略方法はもちろんのこと、診断士取得後の「診断士の世界」について、特に成功する診断士の立ち振る舞いについてよく語られます。
資格取得後の姿を想起することで、モチベーションが倍増すること間違いなしです!

・青木先生作成の負荷が高く質の高い2次事例問題
  第二に、青木先生の作成した質の高い事例問題があげられます。過去の2次試験に取り上げられた論点が洩れなく要素として入っており、通年道場をトータルで学習すると  知識も自然と高まります。また、解答文字数も本試験よりも多いため、本気道場の負荷の高い問題に慣れていると、動揺し緊張する本試験でも「余裕」すら感じられます。
  また、採点も全て青木先生がされるので、1人1人の解答の癖や弱点を把握されており、個別フィードバックも具体的でわかりやすいのも大変助かりました。

・成績順による着席方式
 本気道場は少人数であるがゆえ、毎回得点と名前が発表され、成績順で着席をします。
 なんとしてでも最前列をとりたいと、切磋琢磨できる環境が整っています。

・優秀で魅力溢れる本気道場のメンバー
どこの他社模試を受けても上位の成績をとる優秀なメンバーが揃っており、そんなメンバーとの12時間勉強会や直前の図書館合宿は非常に有意義でした。

・通年授業以外に合宿系講座といわれる単発授業で弱点を補強できる
  2次受験生にありがちな疑問である
「80分の具体的な解法フローはどうしたらいいの?」
「どういう答案を書いたら合格できるの?」
「本番でいつもパニックになってしまうけど、どう準備したらいいの?」
「2次試験で使う1次知識はどこまで覚えればいいの?」
に対し、通年講座以外にも補強可能な単発講座も開設しています。私は、「ロジカルシンキング講座」「創造力開発講座」等に参加して試験直前の補強を実施しました。
 
以上、あげるときりがないです(笑)。
  
5.今後の夢
 現在は、診断士の世界や可能性に非常にワクワクする自分がいます。このまま企業内診断士として歩む道もあるとは思いますが、青木先生のように独立して、バリバリと活躍したいと思える自分もいます。新米診断士として経験を重ねながら、自分が貢献できる道を探りたいと思っています。

---------------------------------------------------

中小企業診断士の世界は女性有利の世界です。

ぜひ、がんばってくださいね。

応援しています。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年12月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ