« 転職をお考えの方へ! | トップページ | 人生の旋律 »

2012年6月25日 (月)

「学生症候群」をご存知ですか?

こんばんは、東京道場生のジンです。

一次試験まで、あとひと月近くとなってきました。
今年一次試験を受ける方は、追い込みで必死に頑張っている時期ですよね。

かくいう私もその一人です。いよいよお尻に火が付いてきました・・・!
去年の二次試験後、あれだけ時間があると思っていたのが嘘のようです。

そこで突然ですが、
皆さん、「学生症候群」というものをご存知ですか?

生産管理・改善を研究する学者が本の中で使い初めた用語なのですが、
今の私にはとてもグサリ!とささる内容です。


【学生症候群/学生シンドローム(student syndrome)】

納期のある作業を行う際に、余裕時間があればあるほど、
実際に作業を開始する時期を遅らせてしまうという、多くの人間に見られる心理的行動特性のこと。

人間は、やるべき仕事に時間的な余裕を感じると、
「後でやっても間に合う」と考えてしまい、すぐに着手しないことがよくある。

TOC(※投稿者注 生産管理・改善のための理論体系のこと)の提唱者である
エリヤフ・ゴールドラット(Dr. Eliyahu M. Goldratt)は著書『Critical Chain』の中で、
これが余裕時間(セーフティ)があるにもかかわらずプロジェクトが遅れる要因の1つだと指摘した。

学生症候群という名は、同書でこのような着手の先延ばし現象を
「期間が足りないと主張して提出期限を延ばしてもらったのに、
すぐには宿題を始めない学生」になぞらえて説明したことに由来する。

学生症候群が発生すると、計画上は余裕時間が十分に取られていても、
実際の作業は余裕のない状態で行うことになるので、
何らかの突発事態が発生した場合、納期遅延に直結する。

また、余裕時間を十分に取ったスケジュールでは、
納期確度(納期が守られる確率)も高く見積もられていることが一般的であるため、
後工程でも遅れを想定していないことも多く、プロジェクト全体に甚大な被害を与えることになりがちである。

(出典:@IT情報マネジメント用語事典
 http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/studentsyndrome.html)


ざっくり言ってしまうと「先延ばしグセ」みたいなものでしょうか。
夏休み終了前の3日くらいで必死に宿題やレポートに取り組んでいる学生・・・というイメージです。
一日10分づつでも取り組んでいたら、徹夜でレポートなんて書かずに済むのに・・。


あと1年あるから全然大丈夫・・と思っていた去年の二次試験結果発表後。
あと10ヶ月あるからまだ大丈夫・・・と思っていた今年の年明け。
あと半年あるからもう少し大丈夫・・・と思っていた新年度開始~GW。


あぁ、まさに・・・学生症候群ではないですか!
ここまでピッタリと当てはまってしまうとは情けない。。


こういう時は、コップの水理論で言うところのポジティブな見方(まだ半分残っている!)じゃなくて、
意図的にネガティブな見方(もう半分しかない!)に頭のシフトチェンジをするべきですね。

そして、こういう概念が言葉として存在し、
人間の心理的行動特性として陥りやすいという事を胸に刻み込んでおけば、
ふと仕事の帰りにTSUTA●AでDVDを借りそうになった時にも、
ふと土曜日の夜に友人を誘ってフラっと飲みに行きそうになった時にも、
「はっ、いかん!これは学生症候群だ!」と気付けると思います。


これを肝に命じて、一次試験まで死に物狂いでがんばります!
皆さんも一緒に、(特に一次を受ける方は最初のラストスパートを)頑張りましょう!!

ジン☆彡

« 転職をお考えの方へ! | トップページ | 人生の旋律 »

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

コメント

学生時代は、毎年、夏休みの終了直前に宿題をやってたS子です。
まさに“学生症候群”やん。

名前がつくと、具体的なイメージがつきますね。
“学生症候群”今もそうかも(;;;´Д`)

「学生症候群」という言葉を初めて知りました。
今まではそんな自分の気質を「短期決戦型」と、
ポジティブに呼んでいました(^_^;)
確かに、ネガティブに思考をシフトしないといけませんね!

学生症候群といえば、CCPMの話ですね。
http://ik-consul.jpn.org/archives/2453

岸良さんのこの話を聞いてマルチタスクが強烈にイメージづいています(笑)
http://www.manaslink.com/article/aj/aj2012/early_osaka_am3-1/

ナニワのS子さん>>
宿題はやっぱり直前にまとめてガッと!ですよね~coldsweats01
よく親に怒られていたのを思い出しますthunder

名称は「学生」とついてますが、社会人でもまったく同様ですよね。。
思い当たる節がアリアリです。。crying

早く脱却せねば・・・!

まーぷーさん>>
まーぷーさんもそうだったんですね!
私も、自分は短期決戦型だと変なポジティブさを持ってました。。。
最後の起爆力はすごいぞ~delicious・・・みたいなcoldsweats01

ここばっかりは「あと●●しかない!」にしないとですね。

一次試験まであと一ヶ月しかないsweat01
二次試験まであと四ヶ月しかないsweat01

よし、勉強がんばりますsign03

カワキタさん>>
URLありがとうございますsun
図解までされてるページがあるんですねsign03

2つ目のURLもとても勉強になります。
マルチタスク・・・私もついやってしまいがちなので気をつけなくてはdash

こうやって見てみると、自分の身につまされる話でありつつ、
かつ運営管理の勉強にもなったような気がしますsmileschool


カワキタさんのURLを参照し、さらに勉強になりました。
ただ、試験問題を解く際は、各設問の解答骨子作りは、部分点取りを考えると
各設問をローリングするマルチタスクがいいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/45874620

この記事へのトラックバック一覧です: 「学生症候群」をご存知ですか?:

« 転職をお考えの方へ! | トップページ | 人生の旋律 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ