« 最近の日記からー怒るということ | トップページ | 会計監査、会計士との交流 »

2012年6月20日 (水)

大阪道場生のKです。ついに、一次試験まで約一ヶ月半になりました。

本気道場生やブログをご覧の皆さま。

大阪道場生のKです。ついに、一次試験まで約一ヶ月半になりました。一次試験を受験される皆様、対策は順調に進んでいますか?

僕は、去年初めて受験し、一次試験を残念ながら4点差で落ちてしまいました。今年こそは必ず一次試験を突破しなくてはならないと考えています。

そこで、皆様、解けない問題に出くわした時、どのような対応をとられていますか?

「とりあえず‘ウ’を選択する。」

「鉛筆を転がして、運任せ。」

「直感に任せる。」

という人は多いのではないでしょうか?

実は、僕もストレート生の時はそうでした。

しかし、最近は、もう少し正解する確率の高い方法だと感じているテクニックを使っています。

あくまで、私の経験上であり、全ての問題に当てはまるわけではありませんが、

具体的に言いますと、

①得点調整のための難問の解答は、一番初めの選択肢か一番最後の選択肢が正解

②包含関係にある選択肢は含む方が正解

③真逆の内容の選択肢は、どちらかが正解

④常識で考えておかしい選択肢は×

⑤一つだけ異質な選択肢が正解

⑥妙に具体的な選択肢は×

⑦極端な表現の選択肢は×

⑧因果関係がおかしい選択肢は×

⑨似ている選択肢は、どちらかが正解

総じて言えるのは、“問題作成者の意図を読むこと”です。

例えば、①に関して言いますと、得点調整のための難問は、「受験者に正解させたくない。」という意図で作られていると考えられます。そこで、問題作成者は、多くの受験生がわからない、もしくは引っかかる問題を作り、かつ、受験者が直感で選択しにくい“ア”や“オ”を正解にすることもあるのです。

一番初めの選択肢か一番最後の選択肢が、正答率DE問題の正解になっていることが、多いのがその証明ではないでしょうか?

しかし、繰り返しになりますが、あくまで、私見であり、これらのテクニックは正解を保証するものではありません。

ただ、直感や運に任せて、選択肢を選ぶよりは、多少正答率は上がると思っています。

そして、特有のテクニックをお持ちの方は教えてください。

最後に、たくさんの勉強仲間達ができて、いろいろなことを学び成長できている気がして、幸せです。ぜひ、全員で合格しましょう。

« 最近の日記からー怒るということ | トップページ | 会計監査、会計士との交流 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Kさん、
こんばんは。
昨年は本当に残念でしたね。
今年は特別なテクニックでプラスαの
得点も望めそうてすね!
私も今年の試験で試してみます(^^)

診断士一次試験って、もっとも○○なのを選択せよ。

的な聞き方をされて、
あいまいな選択肢が多いですよね。

あれには手を焼かされます。。。

まーぷー さん<<解答に迷った時のみの使用にしてくださいね('-'*)作問者の声に耳を傾けるのは二次だけではなく、一次も大切だと最近感じています。

カワキタ さん<<確かにあいまいな選択肢が多いですね。
もっとも○○ だから相対評価になるのでしょうけど・・・。
僕は、特に企業経営理論に手を焼いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/45730076

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪道場生のKです。ついに、一次試験まで約一ヶ月半になりました。:

« 最近の日記からー怒るということ | トップページ | 会計監査、会計士との交流 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ