« 保存版!眠気を覚ます10の方法 | トップページ | 中国の工場視察を通じて感じたこと »

2012年5月14日 (月)

会社のバースデー

東京通信生のHです。

通信ですが、このブログのおかげで、道場生の熱気に刺激を受けています。
今年こそ、
1次突破して、2次試験のチケットをゲットするぞ!!

さて、
Hは登記の仕事をしているので、今日は登記ネタをご紹介。

『会社を設立する』

経営法務で学ぶ会社設立ですが、定款作成→定款認証→払込→登記の順ですすめていきます。

・定款作成 
 会社の憲法ともいえるもので、エッセンスが詰まっています。
 商号、本店、事業目的等、『絶対的記載事項』を漏れなく固めます。
 ちなみに、会社名を決めるって、みなさん結構悩まれています。。。
 悩んだ挙句に、自分や家族の名前をアイデアに取り込むケースが多いです。

・定款認証 
 公証役場とやりとりします。
 公証人の認証を受けなきゃいけない決まり(株式会社だけですよね!)。
 ちなみに、公証人は、圧倒的に『おじさん(おじいさん)』率が高い。
 というか、女性にあたったことが無い(事務はほとんど女性ですが)。

・払込 
 実務では、ほとんど発起設立です。
 なので、発起人名義の口座に資本金を振り込めばOKです。
 例えば、私が発起人であれば、私名義口座で資本金が確認できれば、事足りるのです。
 最低資本金制度は無くなったものの、資本金
50万円~が多いですかね。

・登記
 そして、全ての書類が揃ったら、法務局へ登記申請です。

さて、表題の
『会社のバースデー』ですが、この登記申請日がその日になります。
登記簿に会社成立年月日として記載されます。
人に出生~死亡があるように、会社(法人)にも出生(設立)~消滅(清算結了)があるんですよね。
ちなみに、大安日を希望されるお客様もいらっしゃいますよ。

出生に立ち会わせて頂けるこの職業は、さしずめ、産婆さん!?

さぁ、
1次まで残り3か月、ゴールを切るぞぉ~!!

« 保存版!眠気を覚ます10の方法 | トップページ | 中国の工場視察を通じて感じたこと »

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/45248621

この記事へのトラックバック一覧です: 会社のバースデー:

« 保存版!眠気を覚ます10の方法 | トップページ | 中国の工場視察を通じて感じたこと »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ