« 気分転換 | トップページ | 健康管理について »

2012年5月18日 (金)

緊張を楽しむ

はじめまして!大阪クラスMです。

皆さんは、年間どのくらいの頻度で緊張されますか??

「手に汗を握る」「緊張で口から心臓が飛び出そうになる」なんてことは
そう毎日あることではないはずです。

でもだからこそ、時折訪れるその瞬間が怖い、うまく切り抜けられるか心配…
と悩んだりする方も多いのではないでしょうか。

私はとある事情で小さいころから年間何度も舞台に立たなくてはならず
かなりの頻度で緊張と向き合っていました。
しかも極度のあがり症。毎回舞台に立つ前、震えていました。

なんとかあがり症を克服できないか・・・。
悩んでいたところ、あるアスリートの体験談で「イメージトレーニング」の重要性
と効果について書かれていました。

①緊張している自分を必ず肯定的に受け入れること
②本番の一日(朝起きて朝ごはんを食べ、会場に行き、さあ本番、心地よい
緊張を味わいながらうまくいっている、本番が終わり、大成功!)を何度も
イメージする

この二つがキモなのだそうです。

①については、ある元有名マラソンランナーは「スタート地点に立った時に足が
震えなくなったから引退した」とまで言っているくらい、緊張の重要性について
語っていました。精神を統一させるために集中した結果が緊張なのだから、
むしろよいことだと受け止めることが大切なんだそうです。

②は、すべてやりきったところまでの自分の行動を隅々までイメージして、
「できなかったらどうしよう」という不安を払拭してしまうところに大きな意味が
あるそうです。

騙されやすい、いや素直だった(?)そのころの私は、「そうか、そうなのか!」と
さっそく実践。試行錯誤はありつつも、徐々にあがり症は克服でき、今では
人前に出ることが楽しいと思える自分になってきました。
それ以降、自分のなかではビジネスにおいても趣味においても「ここぞ!」と
いうときは、イメージトレーニングが欠かせなくなっていたりします。

これはひょっとすると本試験や合格後の登壇の機会にも応用できることかも
しれません。

しっかり緊張を楽しむことも、試験合格やコンサルで成功することに役立つような
気がして、頑張ろうと思う日々です。

« 気分転換 | トップページ | 健康管理について »

中小企業診断士受験」カテゴリの記事

コメント

いい記事ですね。

北島康介選手はまさにそういうことをいってますね。

「心臓がバクバクするのは非常に楽しい。」

「緊張感を楽しむ」

だからオリンピック2種目金メダルという偉業がなせるのですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289921/45309180

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張を楽しむ:

« 気分転換 | トップページ | 健康管理について »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ