« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月26日 (火)

一次試験までもうひとふんばり!

おはようございます。
今週ブログ担当のかとーです。

診断士一次試験まで2週間きりましたね。
はやーいっ

私は今年初受験ですが、一次試験を前にすでに頭の中はページングをおこしまくってます。。
頭のメモリを増やしたい。。
こういった試験の直前は(人にもよるかもしれませんが)暗記、最終チェック等で苦しいですよね。

しかし!

朝早く起きて、昼休み使って、隙間時間見つけて、早く仕事きりあげて、直前は夏休みとって!なんとかできる!と自分にも言い聞かせてがんばりたいと思います!

今年一次試験を受けるかた、お互いがんばりましょう!
私もぎりぎりまで諦めず粘っていきたいと思います。

2011年7月24日 (日)

節目の年に思うこと

皆さんこんにちは。今週ブログ担当のKです。


来月8月、私は40歳になります。

10年前の30歳になった年、“今の自分を変えたい”と思い、
起業する気はなかったのですが、創業塾(中小企業施策ですね)に参加しました。
そこで、初めて中小企業診断士という資格を知り、
その講義をされた診断士の先生の知識の量や質に感動し、あるべき姿を描いたことを、
10年間を振り返り思い起こしました。

30代は公私とも経験や知識を充実させた10年であったと思います。

40代はこの経験や知識に加え、診断士試験の合格を勝ち取り、大きく飛躍したいですね。

2011年7月21日 (木)

なでしこジャパンの効果!?

皆さんこんにちは。今週ブログ担当のKです。


なでしこジャパンの優勝で盛り上がっている女子ワールドカップドイツ大会、皆さんもご覧になられましたか?


私は、主に花を主体としている種苗会社(種とか苗を売っている会社です)に勤務しています。

昨日、○○新聞社から、
「御社のなでしこの販売は状況は?」
という、取材の電話が入りました。

さすが新聞社!!
なでしこジャパン優勝⇒なでしこ需要拡大⇒種苗会社売上拡大
という、発散思考で、取材を行ったのでしょう。

「なでしこ、売れていますよ!」
という回答を期待したようですが、
あいにく、そもそもなでしこの流通量は非常に少ないため、需要増とはお世辞でも言えません。

ご存じの方は非常に少ないと思いますが、カーネーションも広義では、“なでしこ”に分類されます。

なでしこ⇒カーネーション⇒需要拡大
の期待をしたいところですが…

なでしこ=カーネーション と、結びつける一般論すらほとんど存在していませんね。
(前回本気道場の“南半球的”な解答…:受講済みの方のみ笑ってください)

発散思考、孤独な道に要注意ですね。

2011年7月19日 (火)

平成23年度 中小企業施策ガイドブック

皆さんこんにちは。今週ブログ担当のKです。

一次試験まで3週間を切っていますが、皆さんどのようにお過ごしでしょうか。


例年ですと、2日目最終科目の中小企業経営対策のために、最新の中小企業施策利用ガイドブックを入手し、
模試で取り上げられた施策を中心に一気に暗記する作戦を取っていますが、本年は未だ発行されていません。

原因は、震災関連施策を含めるために、再編集を行っているようですね。

我々受験生にとっても、震災の内容が一次試験、二次試験にどのように盛り込まれるか、気になりますね。
本気道場では、節電が機会という事例はありましたが。

再編集版の中小企業施策利用ガイドブックは、7月下旬にはPDFに公表されるようです。
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/index.html
このような状況の中で、震災関連の問題がゼロであることは考えにくいのではないでしょうか。

試験日直前1週間が勝負になりそうです。
青木先生のお勧めする直前の有給休暇をフル活用する必要がありそうですね。

2011年7月10日 (日)

大阪から新幹線で本気道場(東京)へ通学する価値!!

こんにちは。

青木公司先生率いる中小企業診断士2次試験受験講座「本気道場」へ通学しているHです。昨日の本気道場を終え一泊し、先ほど東京から大阪へ戻ってきました。

私は以前まで福島県から通学していましたが今月より大阪へ居住する事になりました。通信講座という選択肢もありますが私は絶対に「通学」を心に決めておりました。

理由は

1.生講座の方が当然頭に入る。要素としては青木先生は受講生の「目を見て講義をしてくださる」ので「よく目があう」→集中力アップ

2.質問ができる。→恥ずかしい?質問でも「受講生のレベルにあった回答」を頂ける。私のひねくれた質問(自覚症状は無いのですが・・)にもわかりやすくお答え頂ける。

3.懇親会にいくので(有志ですので強制ではありません)仲間ができる。→皆さんとても明るく、診断士になりたい夢や目標を持っている上に、現在の仕事も熱く働いていらっしゃる方が多い。非常にモチベーションアップします。現在は受験仲間ですが、合格後は人生長いあいだのどこかでビジネスパートナーになる可能性も十分ある。

遠方から通学すると確かに時間と交通費はかかりますが、上記全てプライスレスです。

昨日は絶対に今年診断士合格したいと思った1日でした。

2011年7月 6日 (水)

ICOCAで行こか

こんにちは、今週ブログ担当のHです。

私事ですが、昨日生まれて初めてJR西日本のICカード「ICOCA」を買いました。
これは・・・便利だ。(今さらですいません)
購入するときに500円の手数料が発生しました。

これは関西圏内で何枚くらい売れているのだろう・・・
本気道場でいう「数×価格」が気になった!!

調べるとなんと600万枚だそうで、500円×600万=30億円である!!

消費者側の使用メリットはいわずもがなであるので、
企業側(JR西日本)のメリットを調べると、

従来のリーダー/ライターに差し込むタイプのカードではないため、
リーダー/ライターの磨耗がなく、一回数十万かかるメンテナンスコストを削減することができる。
→運用・保守コスト削減で財務的に効果大!

さらに、磁気カードとは違って、チャージ(入金)することで繰り返し使え、環境にも優しい。
→社会的なマーケティングに活用!

さぁ今日もICOCAで行こか!!(注:私はJRの回し者ではありません)

2011年7月 5日 (火)

被災地と中小企業と松本大臣の発言

こんにちは、今週ブログ担当のHです。
私は先月末まで5年間東北の福島県に在住しており、震災も経験し私も被災しました。

震災後に真っ先に目に飛びついてきたのは、被災地支援のイベントでの講師が
「中小企業診断士」の肩書きを持つ先生がたばかりで、他の士業の先生でなく
「中小企業診断士」ばかりでした。本当に被災地の中小企業は困難に直面しており、
私も診断士資格があればもっと何かできたのではないかという、悶々とした日々を過ごしておりました。
お困りの方々は、困っていることがあり、要望もあるけれども、でもそれをどうしていいか分からない。
そんな思いの方々も多いのではないかと感じております。

そこで昨日の松本大臣の発言。
被災地に行き、いきなり「知恵を出さない被災地は助けない」。発言。
さらに宮城県知事に「先に部屋に入って待っていろ」発言&「記事にした社は分かっているな」と恫喝。

被災者(地)に知恵はもちろんありますし、ただ方法が分からなかったり、今の目の前のことに対処するので
手一杯だったりするわけで・・・
きっと松本大臣は「知恵の内容」よりも「自分に対する接遇」を重視する人間なのでしょう。

本当に困っている人を想像できていればこんな発言は絶対に出ないと思います。
「ポストと一緒に自分まで偉い気になってしまう人間」ですね。

診断士試験に合格しても偉い(何が偉いかは分かりませんし偉くはないと思いますが)
気持ちにならず倫理観を持って過ごしていきたいと思う1件でした。

2011年7月 4日 (月)

私が本気道場を選んだ理由

こんにちは。今週のブログを担当させて頂きますHです。

診断士受験がらみで自己紹介をさせて頂きますと、

H21年秋頃 

中小企業診断士受験を決意
→予備校に通おうとするも在住の東北のF県には通学の予備校が存在しないことが発覚!
(最寄は仙台になってしまう・・・)ので通信で受講をすることに。
何故かT○C等の大手でなく、非常にマイナーな中小企業の某社を選択。(中小企業診断士だけに)
が、サテライトの通信受講はめんどくさくなってきたので、ほぼ独学スタート。

H22年 1次試験→敗退。(運営管理、中小企業経営政策の二科目合格)

1次試験は正直、受かる自信があったので結構ショック。
その後立ち直った後に暇なので2次試験の勉強をしたことが無かったので
2次の問題に目を通してみた。
その時に感じたことと行動は

・自分なりの回答は出来る→でも2次試験の合格率は20%前後なので合否の決め手はなんだろう?
→中小企業診断士の1次試験7科目を合格する猛者たち
(一定以上の教養・学識・現在の職務・キャリアをお持ちの方が挑戦する傾向のある資格)
が2次受けて合格20%前後・・・ということは「コツ」があり「コツ」を体得した者が合格するのではないか
→本気道場発見!!→即申し込み→東北のF県から通学開始

という形に。
私が本気道場を選んだ理由は

1.青木先生は現役で「診断士受験」以外でも活躍されている先生だから
2.本気道場はWEB上での募集&告知で、お金も支払う形式なので一見すると大金も扱うので
一見不安もあるが、青木先生が本当に経歴通りの先生なのか調べれば簡単に分かることで、
実際その通りだと思ったから
3.診断士受験を通して友達(仲間)をつくりたいから
4.飲みに行きたい(実際、毎回先生にもご一緒頂いて道場生も皆さん明るくて前向きで楽しい)

ということで、今からでも遅くはありません、1次試験後に2次が不安なそこのアナタ!
合宿系講座からでも遅くはありません、
「青木先生と愉快な仲間たち!」(本気道場の「レディー・ガガ」もいます)
と一緒に勉強しませんか!?

2011年7月 2日 (土)

キューズモールについて

  おはようございます。Mです。

  今日は、近隣にできた、大阪最大級のショッピングモール(東急不動産運営)、キュー

  ズモールについてお話します。

  大阪では梅田、難波に次ぐ、商業地域である、天王寺(阿倍野地域)に4月末オープン

  しました。  

  現在も、非常に集客が高く、業績も当初の計画以上とのことです。

  我が家でも、子供に「キューズモールに行こう」(ゲームセンター)とよく言われます。

  考えられる好調の理由として、
 
 ○好立地

  天王寺駅と地下で直結している。

  天王寺はJR、近鉄、地下鉄(御堂筋線・谷町線)、阪堺電車(チンチン電車)とアクセ        

  スしている。また、大型駐車場もある。

  そのため、電車のみならず、車でも来店しやすい。
 
 
 ○他にないものの提供、バラエティに富んだ店舗

  関西初出店となる10代後半から20代前半をターゲットにしたレディスウエア中心の 

  「SHIBUYA109ABENO」をはじめ、周辺にない店舗が入店しており、他地域と差別化で      

  きている。また、イトーヨーカドー、アカチャン本舗、からミドリ電化、東急ハンズ、ゲー

  ムセンター、多種類の飲食店等幅広い種類の店舗が入り、近くに近鉄百貨店もあり、

  多彩な商品・サービスの提供が可能である。

 ○幅広い客層(10代~70代位) 

  最寄り~買回品(加えて、近隣に専門品もあり)の幅広い品揃え、その他サービスによ 

  り、幅広い客層のニーズに合っている。
 
  

  期待効果として・・・ 

  店にとって、近鉄百貨店等近隣地域の店舗の高集客が期待できる。 

  客にとっても、天王寺に来ることで、ほぼ全てが賄え、利便性が高い。

  個人的に思うのは、この地域に、新たに、アミューズメント施設(ボーリング場・カラオ

  ケ・ビリヤード等)ができれば、1日遊べる場となり、地域が一層活気づく。 

  自分自身も、家からも近いので、子供と遊ぶには最高の場所となる!!
 
  東急さんか、○○デベロッパーさん、是非、作って下さい!! 

  たのんます!!

  阿倍野地域が大阪活性化の拠点となり、全国に景気回復効果が波及することを願   

  って、終わりにします。

  それでは・・。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ