« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月23日 (木)

一次試験が迫ってきました

 おはようございます。

 関西地区リーダーのMです。

 今週・来週と2週間担当します。

 よろしくお願いします。

 まず、私の受験歴ですが、

 1年目      科目合格

 2年目      一次合格 二次敗退

 3年目      二次敗退

 4年目(今年)  一次再受験

 という状況です。

 今日から、1次試験までいよいよ1ヶ月強、

 T○C模試まで、残り2日となりました。

 そこで、今日は私の一次試験勉強結果とスケジュールを紹介します。

 まず、今日まで(結果)は、

 1 各教科の過去問を3~5年分演習(中小以外)

 2 上記に加え、法務、情シス、中小、財務は問題集で演習

 3 全教科 テキスト通読(現在 中小 通読)

 今後(スケジュール)は、

 T○C模試まで、INPUT、テキスト中心にチェック

 TAC模試受験後は、

 1 TAC模試の復習(全教科)

 2 本試験実施順(経済~)に各教科3~5年分の過去問チェック

  但し、法務・情シスは過去問と問題集、中小は昨年の過去問と問題集をチェック

  これを1教科あたり、4~5日ずつ実施していく。

 3 一次試験2~3日後には再度、重要箇所のINPUTを全教科実施

 そして、一次試験に臨む。

 一次試験後は、

 二次試験勉強特化(本気道場演習に最注力 ~二次試験当日)

    ↓

 一次試験合格

    ↓

 二次試験受験

    ↓

 二次試験合格

    ↓

 口述試験合格

    ↓

 診断士試験合格

 となる予定です。

 それでは・・・・。 

 

 

 

     

2011年6月19日 (日)

今後の予定をイメージ

今週のブログ担当の たち です。sun

今回が私の担当としては最終回になります。


○はじめてのブログ

私は自分自身のブログを開設していないので、ブログを書く、というのは
初めての経験でした。
こういう形での発信もできるようにならなきゃな~と思いつつも、
mixiの日記ですらたま~にしか書けていないので、今回はいい刺激になりました。

ブログを定期的に更新するのは大変ですね。
とりあえずmixiの日記をもう少し更新できるようにして、
常に発信できる人にを目指していきたいです。


○1次試験まで2ヶ月をきりました!

試験の日が近づきつつある、と感じますよね。
勉強のモチベーションも今まで以上にアゲ↑アゲ↑で行きたいところです。

合格後のイメージをきっちり持ちながら着実に勉強を進め、まずは1次試験を確実に通過します!!!

○今後の予定のイメージ

こんな感じでいきます↓

 2011年7月 1次試験の勉強ついでにビジネス実務法務2級を受験

 2011年8月 1次試験7科目をサラリと合格

 2011年10月 2次試験に華麗に対応

 2011年11月 勉強からの開放感でニヤニヤしながら過ごす

 2011年12月 合格通知を受け取りさらにニヤニヤしながら過ごす

 2012年xx月 実務補修に全力を傾ける

来週からはまた別の方がブログをUPされます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2011年6月18日 (土)

インターネットの時間

今週のブログ担当の たち です。sun

前回は、記録したログの活用方法で、
 1.記録できない時間がある
 2.移動時間が多い
の2つについて書きました。

今回は 3.インターネットをしている時間が長い についてです。

○インターネットをしている時間が長い
私はテレビはほとんど見ないのですが、インターネットで動画を見るのが好きです。
ニコニコ動画とかYouTubeとか見始めると止まりません。

ログを記録し始めた頃、一番削減しなければならないと感じたのが、このインターネットの時間でした。
1日の勉強時間が1時間30分の日に、インターネットには2時間くらい費やしていることが普通でした。

これを何とかしようと思い、ログを活用して一つのルールを決めました。
そのルールは、「1日の勉強時間を超えてインターネットをしない」です。

最初のうちは結構厳しいルールでした。
仕事終わって疲れて帰ってきたらインターネットで動画でも見ながらリラックスしたいわけですよ。
それが1時間しか勉強していないと1時間しかインターネットできない。
勉強の1時間は長いですがニコニコ動画とか見てると1時間があっという間に過ぎてしまいます。
しばらくはルールを守れない日が多くありました。

で、家に帰るとどうしてもパソコンの電源を入れて、インターネットに繋いでしまうので、
家に帰る時間を遅くすることにしました。

家に帰る途中に図書館に寄ったり、カフェに寄ったりして、
そこで1時間くらい勉強して、それから帰る。
これだけで普段の生活から勉強はプラス1時間、インターネットはマイナス1時間です。

aTimeLoggerを使ってログを記録し始めて2ヶ月半くらい経ちましたが、
最近は安定して勉強時間の方がインターネットしてる時間を上回っています。

○いちいち時間を記録するのって面倒だよね

はい。自分の1日の時間をいちいち記録する、というのは結構面倒です。
ですが私の場合は記録をしてみることで勉強時間を確保するためのヒントを得られることができました。

みなさんの中でどうも勉強時間が確保できない・・・という方がいらっしゃったら
(本気道場の方にはいないかもしれませんねw)
自分の時間の使い方をチェックしてみてはいかがでしょうか!?

さてさて、私が担当する今週のブログは、次回が最終回です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2011年6月16日 (木)

使っている時間を分析してみよう

今週のブログ担当の たち です。

前回は勉強時間等々を記録できるaTimeLoggerというアプリを紹介しました。

今回は記録したログの活用方法について書きたいと思います。

○使っている時間を分析してみる

私はaTimeLoggerを使って時間を記録する、ということを今年の3月下旬から始めました。
勉強時間の把握については、今週のだいたい20時間くらいだったな~というアバウトなものだったのですが、
実際のところは何時間だったのだろう?と感じたのが使い始めた理由です。

さて、記録してみて分かったことがいくつかあります。
1.記録できない時間がある
2.移動時間が多い
3.インターネットしてる時間が多い

なぜそうなってしまうのか、考えてみました。

○記録できない時間がある

記録する時間のカテゴリには、仕事とか睡眠とか食事とかいろいろあります。
自分でカテゴリを作ることもできるので、勉強-1次、勉強-2次、というカテゴリは自分で作りました。
そうすると1日のほとんどの時間はどこかのカテゴリで記録できるはずです・・・・

起きてからスーツに着替える時間など、ちょっとしたものは面倒なので記録していないのですが、
記録を始めて数週間は、記録した時間の1日の合計が20時間くらいになり、不明な時間が3~4時間ある状態でした。

なぜこんなにも不明な時間が多いのか???

→ひょっとして、なにもせずにぼーっとしている時間があるのでは?
→もっと細切れ時間があって、勉強時間に費やせるのでは?

これを考えるようになってから1日の時間の使い方を気にするようになりました。
最近は無駄に過ごす時間が減った気がします。

○移動時間が多い

移動時間中でも、テキストを開いて勉強している時間は「勉強-1次」として記録しているので、この移動時間は、勉強ができない状態の移動時間で、それが結構多い、ということになります。

例えば、お客様と一緒に行動している時。さすがにお客様をほっといてテキスト開いて勉強とかできないです。
そんな勉強ができない移動時間が、多い日で1日に2~3時間あったります。
もったいないですね。というか仕事の効率としてもどうなんだろう?という気すらしてきます。

残念ながら仕事の環境に依存する時間なので、移動時間の大幅な削減は難しそうです。
ですが、ちょっとした10分の移動時間でもテキストを開いて、
可能な限り移動時間を勉強時間に変換できるように心がけています。

3.インターネットをしている時間が長い については次回にしたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2011年6月15日 (水)

勉強時間を計る

今週のプログ担当の たち です。sun

今日は勉強時間についてです。
みなさんは勉強時間をどれくらい確保しているでしょうか?

1日何時間以上とか、1週間で何時間以上とか、勉強時間確保のためにいろいろ工夫されていると思います。

○勉強時間を計ってみる

さて、これを読まれている中には、iPhone等のスマフォを持っている方も多いと思います。
私はスマフォは持っていないのですが、iPodtouchを持っています。

iPhoneやiPodtouchには便利なアプリがたくさんありますよね。

その中で、勉強時間がどれくらい確保されているか確認するために私が使っているのが、
aTimeLoggerというアプリです。↓
http://itunes.apple.com/jp/app/atimelogger/id358979305?mt=8

これはiPhone、iPodtouch用のアプリですが、おそらくAndroidでも似たようなアプリがあるのではないでしょうか?

このアプリを使って、
勉強を始めたら勉強開始ボタンをポチッと押し、終わったら終了ボタンをポチッと押すと、
勉強していた時間が記録されます。
そのほかにも、仕事をしている時間とか、家でインターネットをしている時間とか、
とにかく1日に使っている時間を記録しているのです。

○自分の生活を晒してみる

このaTimeLoggerというアプリは、記録したログを1日単位、1週間単位、1ヶ月単位で集計して見ることができます。

私の先週1週間のログを見てみると・・・

睡眠:       42時間41分
仕事:       41時間35分
勉強-1次:    18時間38分
移動:       11時間29分
勉強-2次:    10時間08分
インターネット:  6時間14分
食事:        5時間07分
トロンボーン:   4時間38分

さらに先月1ヶ月のログを見てみると・・・

睡眠:       185時間13分
仕事:       129時間55分
勉強-1次:   86時間43分
勉強-2次:   41時間38分
インターネット: 34時間27分
移動:       33時間44分
食事:       20時間11分
トロンボーン: 15時間22分

こんな感じです。
8月の1次試験までは、1週間単位で1次試験と2次試験の勉強時間の割合を半々くらいにしようと思っていましたが、
5月はゴールデンウィークに1次試験の勉強を増やしたので1次試験の時間がやたら多くなっています。
(2次試験の勉強時間が少ないとも言えますね。)

この手のログをとるアプリはたくさん出ています。
紹介したaTimeLoggerの他にも無料のものも結構ありますので、
興味のある方は試されてみてはいかがでしょうか?

さて、次回はこうして記録したログの活用について書きたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2011年6月13日 (月)

自己紹介!

今週のプログ担当の たち です。sun

これから1週間、当ブログを更新していきます。よろしくおねがいします!

まずは自己紹介を。

○仕事:

  IT関連の会社に勤めています。
  メインの仕事は内部統制に関するコンサルティングです。
  他には、自分の所属する部署の改善タスクにも関わっています。

○趣味:

  大学でJazz研に所属しトロンボーンを吹いていました。
  今は特定のバンドには所属していませんが、時々吹いています。
  試験に合格したらバンドでの演奏もやっていきたいな~と思っています。

  1年くらい前からピアノも少し練習しています。早く聞かせられるくらいの腕前になりたい!

  聞く音楽もJazzが中心で、最近流行の曲とか全然わからず、話についていけません。
  話についていけないとヤバいので、今年の目標はAKB48の顔と名前を3人覚えることです。

○診断士を目指す理由:

  ITの会社に勤めていますが、私はプログラムを書いた経験はごくわずかしかありません。
  主に、ITシステムを使うユーザーとITシステムを作るプログラマーの間に入り、
  双方のコミュニケーションをサポートする役割を担っています。

  そんな役割で仕事をしていると、ITシステムのユーザーと話す機会が多くなります。
  ユーザーと話していると、ITシステム以外の業務や、
  あるいはもっと上位のレベルで課題が見つかることが増えてきました。

  そこで、経営などの上位のレベルで、真の課題を解決できるコンサルになりたいと感じたのがきっかけです。

  診断士になったら、いずれは独立して活躍の場を増やしたいと思っています!

○受験暦:

  2009年度に初挑戦。某受験校Mに通っていました。
  1次試験は合格しましたが、2次で涙。
  ↓
  2010年度、某受験校Tに通いました。
  1次はパスして2次のみ受験。またしても涙。
  ↓
  2011年度、1次7科目を勉強しつつ本気道場へ   ←イマココ

○最近興味があること:

  コーチングです。最近会社の研修でコーチング基礎のコースを受講させてもらったのですが、

  コーチを受ける側もコーチをする側も気づきがあり、とても面白いと感じました。

  試験に合格したら本格的に勉強してみたいです。

自己紹介はこんなところです。

次回以降は、勉強時間をテーマに書きたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2011年6月 9日 (木)

診断士試験を料理する!

お疲れ様です。たかです。

今日は診断士試験を料理に例えてみたいと思います。

メニュー:設問の解答事項

レシピ(料理方法):青木式解法フロー

材料:与件、設問にある解答の根拠

調理:解答骨子作成

調味料:1次知識(必要に応じて使う)

こんな感じですかね。他にも当てはめ方はいろいろあると思います。

後、自分的にあてはめたいのは「設問の制約条件」ですかね

何か料理にあてはめられないかなぁと考え中・・・

また自分は開発職なんですが、各プロジェクトを推進するにあたって

料理に例えたりしてます。(分かりやすいんで・・)

2011年6月 6日 (月)

自己紹介と去年から現在の自分について

お疲れ様です!たかといいます。(今帰宅しました。。。)

まずは自己紹介させていただきます。

年齢:29歳 

住まい:大森(いつも本気道場は自転車で通っています!!)

仕事:某通信会社

趣味:サッカー(小学校からずっとやっています)、海外旅行

診断士試験好きな科目:事例Ⅳ(理系なんで数字扱ってる方が楽!!)

診断士試験苦手な科目:事例Ⅰだったけど最近は事例Ⅲ

診断士受験暦2年:H21 一次試験× (420点超えるものの法務で足きり)

            H22 一次試験○ 二次試験×(ABCB)

去年の直前のT○C模試で上位6%に入り、「あれ?けっこーいけんじゃん!!」

って去年の試験前は思っていました。それは今考えれば勘違いも

いいとこでした。(診断士試験は実力がなくてもたまにいい結果が出てしまいます。)

それが実力じゃないとはじめて気づいたのは本気道場に入ってからです。

本気道場生の実力の高さ、自分の実力の低さが現実としてつきつけられました。

おそらく今年度はじめの事例1は私がビリだったでしょう。正直ショックでした。

だがすぐ思いなおし、じゃああとは上がるだけだ!!!とポジティブシンキングで

今までがんばってきました!!いまだに本気道場生のなかでは低空飛行を続けて

いますが、当時の自分に比べれば少しは上がってきていると信じています。

今後も本気道場生にくらいついて、上位で勝負できる存在になるため

日々精進します!!皆さんがんばっていきましょう!

2011年6月 2日 (木)

中小企業診断士2次試験の極意?

Coolです。

かれこれ、2年ばかり「診断士2次試験」に対する学習を進めていますが、、、
なかなか「思うようにならない」、というか「奥が深い」というか、、、

昨年の2次試験前には「掴んだ!!!」的な想いがあって、自信を持って臨んだんですが、まぁ「事例Ⅳ」でコケマシタw

今年は1次試験もあるので、この「掴んだ感」を維持しつつ「解放フロー」や「2次で使う1次知識」のブラッシュアップは続けているのですが、ここにきてちょっとスランプ気味です。

あお先生からは「考えすぎ」「網羅性」「ロジカルシンキング」を指摘されており、

先日のT○C2次チェック模試では「で、どうなりました?(結論)」という赤字がたくさんありました。

これらを修正すべく、5/29の本気道場では「網羅性」「ロジカル」「結論」をテーマに挑んだんですが、、、

恐らく、今までにないくらい「オリジナリティ溢れるナナメッた解答upwardrightをしてしまいました。

【当日の事例演習フロー振り返り(byCool)】
----------------------------------
「設問分析による各設問の戦略設定+制約条件確認」

「網羅性を意識した与件キーワード注視(マーキング)」

「SWOTを軸としたドメイン+事例(組織人事・マーケ)を意識した方向性設定」

「設問分析での戦略設定と与件キーワードの対応付け」

「キーワードを意識したロジカルシンキング+結論(骨子書き)」(←おそらくココでナナメったw)



オリジナリティ溢れる解答へ・・・
-----------------------------------

これとこれのキーワードを使うから(多分ここまではOK)→結論はこうでしょ(ここで与件世界離脱w)

おそらく「ドメイン・方向性を意識」していれば、与件世界から離脱するような結論(方向性)は出ないんだと思うんですが、今回は完全に「ドメイン・方向性」は意識から薄れ、「キーワード+キーワード=結論」みたいに個々の設問毎にナナメッていったと。。。

うーん、、、「アレを意識するとコッチが抜けて」という具合でしょうか。

要は「掴んでない=解法フローが固まっていない」ってコトなんですね。

で、今のところの結論として

「設問に素直に!与件に忠実に!」再度、見直したいと思います。

これができる人は「2次試験の極意」を掴んでいるのかと。

いろいろ知識や手法を蓄積するにつれ、なーーーんか「素直さ忠実さ」って薄れてしまう気がします。

ドメインを意識するのはモチロンなんですが、「設問に素直に、与件に忠実に」が守れれば、ナナメッた解答は出てこないと思うんですよねぇ。

まぁ、オレの場合は「ナナメ好き」なんで、「素直さ忠実さ」は分かっていてもハズしちゃうんですがw

意識して強制していたツモリですが、他の項目をテーマとした結果、全くもって「素直じゃない」解答を書いてしまいました。

いろいろな意識を試してみて、本番までには「ブレない型」を掴みたいと思います!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ポチっとポチっと!!

  • にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村
    ブログを読んで頂いた皆様、ポチっとポチっと↑お願いいたします。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ